トーマス・シェクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トーマス・シェクター
Tomas Scheckter
Tomas Scheckter 2006 Chicagoland.jpg
2006年
基本情報
国籍 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ
生年月日 (1980-09-21) 1980年9月21日(36歳)
出身地 Monte Carlo, Monaco
親族 ジョディー・シェクター, 1979 Formula One World Champion (父親)
イアン・シェクター(伯父)
デビュー 2002
所属 Team REDLINE Xtreme
車番 07
過去所属 Conquest Racing
Dreyer & Reinbold Racing
Luczo Dragon Racing
Vision Racing
Panther Racing
Chip Ganassi Racing
Cheever Racing
KV Racing
出走回数 115
優勝回数 2
ポールポジション 8
シリーズ最高順位 7th (2003)

トーマス・シェクターTomas Scheckter,1980年9月21日 - )は南アフリカ生まれのレーシングドライバー。父親は1979年F1ワールドチャンピオンのジョディー・シェクター、伯父は元F1ドライバーのイアン・シェクター

プロフィール[編集]

イギリスF3選手権やフォーミュラ・ニッサンなどに参戦し、そこでの実績が認められ2001年にF1ジャガー・レーシングのテストドライバーとなったが、レースに参戦するチャンスは巡って来ず、この年限りでF1の世界から離れる。

2002年からはインディカー・シリーズに参戦を開始。2007年までの6年間フル参戦し、2勝を挙げる。シリーズランキングでは2003年にシリーズ7位となったのを始め、2005年の9位、2006年と2007年に10位と4シーズンでトップ10を獲得。2008年はレギュラーシートを獲得することは出来なかったが、インディ500など数レースにスポット参戦した。2009年以降はインディ500を含むシリーズ数戦に出場している。

インディ500には2002年から8年連続で出場しているが、2002年から2008年までの間は7年連続で予選グリッドは全て4列目の10位から12位であった。決勝の最高位は2003年の4位。7回目にして初めてスポット参戦という形で参戦した2008年のレースでは一時3位を走行したが、マシントラブルでリタイアとなった。2009年は22番手までのグリッドが確定する予選第2日目が終わってからの参戦であったため、予選は26位であったが、決勝は12位でフィニッシュした。その後、翌戦のミルウォーキーではカーナンバー23で参戦し、テキサス以降はカーナンバー43で参戦することになった。

また、2005年にはA1グランプリの南アフリカ共和国代表として第2戦と第3戦に参加している。第2戦のドイツユーロスピードウェイ・ラウジッツのレースでは入賞できなかったが、第3戦ポルトガルのエストリル・サーキットスプリントレースにて10位に入賞し、南アフリカチームに1ポイントをもたらした。

レース戦績[編集]

国際F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2000年 MySap.com IMO
SIL
CAT
NÜR
MON
MAG
A1R
18
HOC
2
HUN
21
SPA
DNS
13位 6
2001年 ヨーロピアン・ミナルディ F3000 INT
IMO
CAT
A1R
MON
NÜR
MAG
SIL
HOC
Ret
HUN
SPA
MNZ
NC 0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]