トーマス・サドスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

トーマス・サドスキー
Thomas Sadoski
Thomas Sadoski
2013年
生年月日 (1976-07-01) 1976年7月1日(42歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アメリカ合衆国
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1998年 -
配偶者 キンバリー・ホープ(2007-2015)
アマンダ・サイフリッド(2017-)
主な作品
テレビドラマ
ニュースルーム


トーマス・サドスキーThomas Sadoski, 1976年7月1日 - )はアメリカの舞台や映画、テレビの俳優。HBOのドラマシリーズ『ニュースルーム』のドン・キーファー役や、『Life in Pieces』のマット・ショート役などで知られる。


私生活[編集]

コネチカット州ニューヘイブン生まれ、テキサス州カレッジステーション育ち。[1]

北テキサス大学に1学期だけ在籍して退学後、1998年にニューヨークのサークル・イン・ザ・スクエア演劇学校を卒業。

2007年、キャスティングディレクターのキンバリー・ホープと結婚、2015年に離婚する[2] 。俳優のアマンダ・サイフリッドと2016年に交際を始め[3] 同年9月12日に婚約[4] 、2017年3月12日に結婚した[5] 。同月24日には娘が生まれた[6]

来歴[編集]

オフブロードウェイ公演『This is Our Youth』でマーク・ラファロの代演を務めたことで注目を浴び[7] 、ニューヨークの、ブロードウェイやオフブロードウェイの舞台に数多く出演。 2008年には、後にドラマ『ニュースルーム』で共演するアリソン・ピルと共に、ニール・ラビュート作の舞台『reason to be pretty』に出演。同作がオフブロードウェイで高評価を得て興業としても成功するようになると、2009年4月にブロードウェイへ場を移し、2009年にはトニー賞3賞(最優秀主演男優賞、最優秀助演女優賞、最優秀作品賞)でノミネート。ドラマ・デスク・アワード(最優秀主演男優賞、最優秀演出賞、最優秀作品賞)や[8] アウター・クリティクス・サークル賞(最優秀主演男優賞、最優秀新作賞)[9] 、ドラマリーグ賞(最優秀作品賞、パフォーマンス賞)[10] の各賞でもノミネートされた。2011年、ジョン・ロビン・ベイツ作公演『アザー・デザート・シティーズ』のトリップ役でオビー賞やルシル・ローテル賞を受賞[11] 。アウター・クリティクス・サークル賞は同作を新しい傑出した作品とたたえた[12] 。またブロードウェイ公演では、ジョン・グアル作『House of Blue Leavesベン・スティラーイーディ・ファルコジェニファー・ジェイソン・リーアリソン・ピルとも共演している。[13]

映画[編集]

長編映画デビューは2000年のロマンティック・コメディー作品『Loser』(エイミー・ヘッカーリング監督、邦題『恋は負けない』)。[14]

テレビ[編集]

2011年、アーロン・ソーキン作のHBO製作ドラマシリーズ『ニュースルーム』に出演[15] 。『ロー&オーダー』や『アズ・ザ・ワールド・ターンズ』にもゲスト出演している。

テレビ
タイトル 役割 注記
2005年 ロー&オーダー
Law & Order
ロバート・バーンズ 1話(シーズン16第9話『刑法』)
2007年 アズ・ザ・ワールド・ターンズ
As the World Turns
ジェシー・カルフーン 8話
2007年
LAW & ORDER:犯罪心理捜査班
Law & Order: Criminal Intent
パトリック・カーデル 1話(シーズン7第4話『美しい顔』)
2009年 アグリー・ベティ
Ugly Betty
パトリック 1話(シーズン3第11話『奪われたドレス』)
2009年 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
ジョー・サガード 1話(シーズン11第11話『移民』)
2012-2014年度 ニュースルーム
The Newsroom
ドン・キーファー 3シーズン、25話(シリーズレギュラー)
2013-2014 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
ネイト・デイビス 2話(シーズン15第9話『巧妙な冤罪』、同第16話『チームに捧げた青春』)
2015 The Slap
ゲイリー[16] 1シーズン、8話
2015年–現在 Life in Pieces マット メインキャスト

音声作品[編集]

2011年に発売された、スティーブン・キングの小説『Mile 81』のオーディオブックでナレーターを務めた[17] 。オーディオファイル誌は「サドスキーが、モンスターの行動を淡々と語ることで、聴くと恐怖を煽られる作品になっている」と評し[18] 、パブリッシャーズウィークリー誌もぞっとするような怖いストーリーラインとは対照的に、トーマス・サドスキーはなめらかで淡々とした語り口だ」とした[19]

オーディオ
プロジェクト 著者 注記
2012年 Mile 81 スティーブン・キング オーディオブック
2013年 Reasons To Be Pretty ニール・ラビュート ラジオドラマ [20][21]
2013年 Reasons To Be Pretty ニール・ラビュート ラジオドラマ
2015 The Children's Crusade アン・パッカー オーディオブック
2016年 Zero K ドン・デリオ オーディオブック

受賞・ノミネート[編集]

受賞 カテゴリ 結果
2008年 ルシル・ローテル賞 演劇最優秀主演男優賞 Becky Shaw
ノミネート
2009年 第63回トニー賞 演劇主演男優賞 Reasons To Be Pretty ノミネート
2009年 ドラマ・デスク・アワード 演劇優秀男優賞 Reasons To Be Pretty
ノミネート
2009年 ドラマーリーグ賞 抜群のパフォーマンス Reasons To Be Pretty
ノミネート
2009年 アウター・クリティクス・サークル賞 演劇優秀男優賞 Reasons To Be Pretty
ノミネート
2011年 ルシル・ローテル賞 演劇優秀主演男優賞 アザー・デザート・シティーズ
Other Desert Cities
受賞
2011年 オビー賞 男優による抜群のパフォーマンス アザー・デザート・シティーズ
Other Desert Cities
受賞

参考文献[編集]

  1. ^ “An Actor Who Earns Praise With One Foot in His Mouth”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/04/25/theater/25sado.html 2017年1月26日閲覧。 
  2. ^ “Newsroom star Thomas Sadoski and wife Kimberly Hope divorcing after eight years”. Daily Mail. (2016年10月16日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-3275939/Newsroom-star-Thomas-Sadoski-wife-Kimberly-Hope-divorcing-eight-years.html 2016年9月14日閲覧。 
  3. ^ Miller, Michael (2016年3月3日). “Amanda Seyfried and Her Last Word Costar Thomas Sadoski Are Dating!”. http://www.people.com/article/amanda-seyfried-dating-thomas-sadoski-last-word 2016年9月14日閲覧。 
  4. ^ Mizoguchi, Karen (2016年9月12日). “Amanda Seyfried Engaged to Last Word Costar Thomas Sadoski”. http://www.people.com/article/amanda-seyfried-engaged-thomas-sadoski 2016年9月14日閲覧。 
  5. ^ Campbell, Kathy (17 March 2017). “Amanda Seyfried and Thomas Sadoski Are Married -- After Secretly Eloping!”. US Weekly. http://www.usmagazine.com/celebrity-news/news/amanda-seyfried-and-thomas-sadoski-are-married-w472575. 
  6. ^ Mizoguchi, Karen (2017年3月24日). “Amanda Seyfried and Thomas Sadoski Welcome First Child”. The Huffington Post. 2017年3月24日閲覧。
  7. ^ Catching up with Thomas Sadoski”. Lincoln Center Theater Blog (2011年1月3日). 2017年1月26日閲覧。
  8. ^ Reasons To Be Pretty”. IBDb.com. 2017年1月26日閲覧。
  9. ^ Cozby, Paul. “Outer Critics Circle Awards Nominations - 2009”. Theater.about.com. 2017年1月26日閲覧。
  10. ^ 2009 Drama League Award Nominees Announced”. Broadway.com (2009年4月21日). 2017年1月26日閲覧。
  11. ^ Search: Thomas Sadoski”. Lortel Archives. 2017年1月26日閲覧。
  12. ^ Other Desert Cities - 2011 Broadway Tickets, Reviews, News, Info, Photos, Videos”. Broadwayworld.com. 2017年1月26日閲覧。
  13. ^ The House of Blue Leaves”. IBDb.com. 2017年1月26日閲覧。
  14. ^ Biancolli, Amy (2000年7月30日). “'Loser' Stars Get Their 'Teeth' In Williamstown”. Times Union (Albany NY). http://alb.merlinone.net/mweb/wmsql.wm.request?oneimage&imageid=6062635 2017年1月26日閲覧。 
  15. ^ Tony Nominee Thomas Sadoski Will Exit Other Desert Cities in January for Aaron Sorkin HBO Drama”. Playbill.com. 2017年5月19日閲覧。
  16. ^ The Slap”. NBC.com. 2017年1月26日閲覧。
  17. ^ Mile 81”. StephenKing.com. 2017年1月26日閲覧。
  18. ^ “MILE 81 by Stephen King Read by Thomas Sadoski, Edward Herrmann”. AudioFile Magazine. http://www.audiofilemagazine.com/dbsearch/showreview.cfm?Num=69145 2017年1月26日閲覧。. 
  19. ^ “Audio Book Review: Mile 81 by Stephen King, read by Thomas Sadoski and Edward Herrmann”. Publishers Weekly. (March 26, 2012). http://www.publishersweekly.com/978-1-4423-4913-1 2017年1月26日閲覧。. 
  20. ^ Ng, David (2013年8月22日). “L.A. Theatre Works season to include Neil LaBute, 'Osage County'”. The Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2013/aug/22/entertainment/la-et-cm-la-theatre-works-neil-labute-osage-county-20130821 2017年1月26日閲覧。 
  21. ^ LATW 1/16/14 Neil LaBute's "Reasons to Be Happy" starring Jenna Fischer & Thomas Sadoski”. Kpfk.org (2016年11月27日). 2017年1月26日閲覧。

外部リンク[編集]