トーマス・エドモンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トーマス・エドモンソン
生誕 1792年6月30日
ランカスター
死没 1851年5月22日
マンチェスター
国籍 イングランド
著名な実績 エドモンソン式乗車券

トーマス・エドモンソン(Thomas Edmondson, 1792年5月30日 ランカスター - 1851年5月22日 マンチェスター)は、イギリスの技師。エドモンソン式乗車券の発案者である。

クエーカーのメンバーで、もともとはランカスターでワーミング&ギローの家具職人として働いていた。

ニューカッスル・アンド・カーライル鉄道 (Newcastle and Carlisle Railwayのミルトン駅(現在のブランプトン駅)で駅長として働いているときに、彼は鉄道の乗車券の新しいタイプのアイデアを考案した。厚紙の小片に旅行の詳細をあらかじめ印刷したものである(現在の手書きの紙の請求書と対照的に)。チケットは手書きで番号が付けられ、購入時に別の日付印を押して有効になる。彼は後に、この行程を足踏み式で行える装置を発案し構築した。

1839年マンチェスター・アンド・リーズ鉄道 (Manchester and Leeds Railwayが開通した際、エドモンソンはマンチェスターで会社の主任予約係になった。

この発明はエドモンソンの財産を築き、彼は最後にバッチのシリアル番号で完全なチケットを印刷する機械を開発した。彼はこの機械の特許を取得し、鉄道会社から1年間ごとに路線長1マイル当たり10シリングのロイヤリティーを取得することができた。

彼のマシンとその改善の後継者は、すぐにイギリスと他の鉄道の標準となった。彼は裕福になって逝去し、彼の家族たちは長きの年月にわたりビジネスを行った。

脚注[編集]

Farr, Michael (1991). Thomas Edmondson and his tickets. Andover: author. ISBN 0-905033-13-2. 

外部リンク[編集]