トード (スイスのバンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トード(Toad)は、1970 年にスイスバーゼルで結成されたハードロックバンド

概要[編集]

バンドはメンバー・チェンジを繰り返したが、最も長く続いた一貫したラインナップは、リードギターとボーカルのヴィック・ベルジェット、ベースとボーカルの元ブレインチケットメンバーのヴェルナー・フレーリッヒ、ドラムのコジモ・ランピスのトリオ[1]

代表曲はジミ・ヘンドリックスの「Purple Haze」とビートルズの「I Saw Her Standing There」のカバー、そしてオリジナル曲の「Usin' My Life」と「Stay!」。最初の2枚のアルバムはマーティン・バーチがエンジニアを務めた。

バンドは国外では商業的に成功しなかったが、その獰猛さ、音楽性、ステージング(特にヴェルジェットが歯でギターを弾くところ)により、ライブでは人気を博した。彼らのコンサートは、しばしばジミ・ヘンドリックスのコンサートと比較された。

バンドメンバー[編集]

オリジナル・メンバー[編集]

  • ベンジャミン "ベニ" ジャガー – リードボーカル
  • ヴィットリオ "ヴィック" ヴェルジェット – ギター、バッキング ボーカル、キーボード、ピアノ、メロトロン
  • ヴェルナー・フレーリッヒ - ベース、バッキング・ボーカル、モーグ・シンセサイザー
  • コジモ・ランピス - ドラム、コンガ、パーカッション、バッキング・ボーカル

その後の参加メンバー[編集]

  • アンドレ・ブザー – ベース
  • シーザー・ペリグ - ベース
  • ケルビン・ブレン – ベース
  • クラウディオ・サルシ - ドラムス

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 1971 - Toad
  • 1972 - Tommorow Blue
  • 1974 - Dreams
  • 1993 - Stop This Crime
  • 1995 - Hate to Hate
  • 2003 - B.U.F.O. (ブルース・ユナイテッド・ファイティング・オーガニゼーション)
  • 2004 - Behind the Wheels

ライヴ・アルバム[編集]

  • 1973 - Open Fire: Live in Basel 1972
  • 1978 - Yearnin' Learnin': Live 1978 (recorded live in Geneva)
  • 1994 - The Real Thing (recorded live in Brienz)
  • 2005 - Live at St. Joseph (Basel) 22.04.1972 (copy from Live at St. Joseph)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 1978 - The Best of Toad
  • 1979 - Tomorrow Blue
  • 1992 - Rarities
  • 1999 - Toad Trilogy
  • 2003 - Toad Box

シングル[編集]

  • 1971 - "Stay!" / "Animal's World"
  • 1971 - "I Saw Her Standing There" / "Green Ham"
  • 1972 - "Fly" / "No Need"
  • 1975 - "Purple Haze" / "Making You Feel Right"
  • 1977 - "Baby You" / "I'm Going"

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Toad Trilogy 3CD Set: Toad, Tomorrow Blue, Dreams-Akarma AK 083/3 liner notes