トーク・ザット・トーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トーク・ザット・トーク
リアーナスタジオ・アルバム
リリース
録音 2011年2月-11月
ジャンル
時間
プロデュース
チャート最高順位
リアーナ アルバム 年表
ラウド
(2010年)
トーク・ザット・トーク
(2011年)
アンアポロジェティック
(2012年)
『トーク・ザット・トーク』収録のシングル
  1. We Found Love
    リリース: 2011年9月22日
  2. 「You Da One」
    リリース: 2011年11月14日
  3. 「Talk That Talk」
    リリース: 2012年1月17日
  4. 「Birthday Cake」
    リリース: 2012年3月6日
  5. Where Have You Been
    リリース: 2012年5月8日
テンプレートを表示

トーク・ザット・トーク』(原題:Talk That Talk)は、米国の女性歌手、リアーナによる6枚目のスタジオ・アルバムである。デフ・ジャム・レコード及びSRP Recordsから2011年11月18日にリリースされた。

概要[編集]

本作はエグゼクティブプロデューサーとしてアレックス・ダ・キッド、カルヴィン・ハリス、チェイス&ステータス、No I.D.、スターゲイトなど幅広いプロデューサーを募集した。 本作は、前作『ラウド』と同様にヒップホップ、ダブステップ、エレクトロニック、ハウスミュージックの要素を取り入れたダンス指向のポップ/ R&Bクロスオーバーアルバムを目指し作成された。

ビルボード200で初週で第3位を獲得し、2015年6月までにアメリカで100万枚を売り上げた[2]。また、オーストリア、ニュージーランド、ノルウェー、スイス、イギリス、イギリスのアルバムチャートで1位を記録した。

本作からはアルバムのリードシングルとしてリリースされた「ウィー・ファウンド・ラヴ」を含む、6つのシングルが発売された。「ウィー・ファウンド・ラヴ」は、10週間連続してUS Billboard Hot 100で首位を獲得する世界的ヒットとなり、自己最高を記録していた「アンブレラ」(『グッド・ガール・ゴーン・バッド』収録)を上回るチャ-トインを記録した。US Billboard Hot 100で11番目の1位獲得曲となり、女性アーティストの中でシングル作品の首位獲得数において歴代3位となった(1位はマライア・キャリーの18曲、2位はマドンナの12曲、3位は同率でホイットニー・ヒューストンの11曲)。

シングル[編集]

収録曲[編集]

[3]

  1. ユー・ダ・ワン / You Da One
  2. ホエア・ハヴ・ユー・ビーン / Where Have You Been
  3. ウィー・ファウンド・ラヴ(feat カルヴィン・ハリス) / We Found Love(feat Calvin Harris)
  4. トーク・ザット・トーク(feat ジェイ・Z) / Talk That Talk(feat Jay-Z)
  5. コッキーネス(ラヴ・イット) / Cockiness (Love It)
  6. バースデー・ケーキ / Birthday Cake
  7. ウィー・オール・ワント・ラヴ / We All Want Love
  8. ドランク・オン・ラヴ / Drunk On Love
  9. ロック・ミー・アウト / Roc Me Out
  10. ウォッチ・ン・ラーン / Watch n' Learn
  11. フェアウェル / Farewell

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Talk That Talk Chart History”. Billboard. 2020年2月12日閲覧。
  2. ^ Rihanna Talk That Talk Chart History”. Billboard. 2020年2月12日閲覧。
  3. ^ トーク・ザット・トーク[CD] - リアーナ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2020年2月12日閲覧。