トンカラリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地隙部分
自然の地隙に石で蓋をしたもの
石組暗渠部分
内部に階段状の造作が見えるが、屈んでも入れないほど狭い

トンカラリンは、熊本県和水町にある隧道(トンネル)型遺構である。江田船山古墳(国の史跡)がある清原(せいばる)台地に位置し、全長は464.6メートル、自然の地隙や人工の石組暗渠で構成されている。「トンカラリン」の名称は、穴に石を投げ込むと「とんからりん」という音が聞こえることからつけられたという説と、朝鮮語由来という説がある[1]。また、考古学者吉村作治によりエジプトのピラミッドとの共通点もいくつか指摘されている。石積みが布石積みという日本では珍しい工法であり、これはエジプトのピラミッドと同じものである。

建造目的[編集]

トンカラリンに関しては民間伝承もなく、排水路説、古代人の信仰遺跡説、道教由来説、古代朝鮮由来説などの諸説があるが、未だに定説はない。熊本県教育委員会は1974年に現地調査を行い、1978年3月に「近世の排水路」との調査報告書を一旦は発表したが、用水路説と信仰遺跡説も検討すべきと将来の検討にゆだねている[2]2001年に同教委と当時の菊水町教育委員会が再調査し、「排水路」にしては不都合な点が多すぎるとして、現在は再び「謎の遺跡」とされている。この調査では第2のトンカラリンが2001年に発見され[3]、さらに第3、第4のトンカラリンが埋蔵されている可能性も指摘されている。

1975年5月にトンカラリンを訪れた[4]作家松本清張は、『魏志倭人伝』の一節からトンカラリンが邪馬台国卑弥呼鬼道であるとの説を唱え、同説の発表によりトンカラリンの存在が広く知られるきっかけとなった[5]

トンカラリンシンポジウム[編集]

2001年10月29日に、菊水町和水町(なごみまち)における熊本県県民文化祭において、トンカラリンシンポジウムが開かれ、当時までの研究が総括された[6]。井上辰夫筑波大学名誉教授、古閑三博熊本県文化財保護審議会委員、飯田精也、大田幸博、井上智重、出宮徳尚が出席した。井上辰夫は穴に潜って出ることは俗から正、死から正への転換で、トンカラリンはこの秘儀と結びついているだろうと述べた。古閑、飯田は地裂は地震でなく、雨でも起こることを述べ、排水路説を否定、大田も地裂を重要視、出土遺物を検討しその使用は江戸時代の初期を下限とすると述べた。上限は中世とした。

広島のトンカラリン[編集]

東広島トンカラリン.jpg

広島県東広島市安芸津町三津信僧にも同名の隧道型遺構が存在するが、これは、熊本のトンカラリンにちなんで名付けられたものである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古閑[2003:108]ソウルの金浦空港ちかくにトングラミがあり、それは祭処跡である。
  2. ^ 熊本県文化財調査報告書31集 in 古閑[1994:172-187]
  3. ^ 古閑[2003:105]
  4. ^ 古閑[1994:88-95]詳しい記録と写真がある
  5. ^ 新考 邪馬台国 松本清張 別冊週刊読売 昭和50年7月号 in 古閑[1994:130-136]
  6. ^ 古閑[2003:1-87]

参考文献[編集]

  • 古閑三博『夢、甦る 謎の隧道(ずいどう)遺構トンカラリン』1994 三弘会
  • 古閑三博『続(しょく)夢、甦る 謎の隧道(ずいどう)遺構トンカラリン』2003 三弘会

関連項目[編集]