2005年の大西洋ハリケーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2005年の大西洋ハリケーンの軌跡の地図

2005年大西洋におけるハリケーン大西洋で発生した熱帯低気圧)のデータ。

2005年の大西洋地域におけるハリケーンの活動は、発生数の面でも勢力の面でも、史上最高といえるほど活発であった[1]。また、2005年は大西洋ハリケーンに関する多数の記録が生まれた年でもあった。

発生数は史上最多の27個で、それまでの最多記録であった21個(1933年)を大幅に更新した[1]。北大西洋のハリケーンの名前リストは「年次リスト」と呼ばれ、頭文字のアルファベット順に21種類(Q・U・X・Y・Zの5文字は使わない)の人名のリストをあらかじめ6セット用意し、1年ごとに1セットずつAから順に使用され、6年間かけて6セットのリストを一巡すると再び1セット目に戻るループである[1][2]。リストの後半にあるVやWなどから始まる名前は、ハリケーンが多数発生した場合にのみ使用されるため、実際には使用された例がほとんどない[1]。21個を上回る数のハリケーンが発生しリスト上の名前を使い果たした場合は、「α(アルファ)」「β(ベータ)」「γ(ガンマ)」などのギリシア文字を順に続けていくことになっているが[2]、この年は初めてハリケーン発生数が21個を越えたことで、史上初めてとなるギリシア文字のハリケーン「アルファ」が登場し、これだけでも前例のない事例となったが、そればかりかその後も次々と熱帯低気圧が発生し、最終的には「ζゼータ)」まで使用されるという異例の記録が生まれた[1]

カトリーナ」「ウィルマ」「リタ」など、記録的な勢力になったハリケーンも多く、特にカトリーナはアメリカ合衆国に甚大な被害をもたらして世界に衝撃を与えたほか、ウィルマは最低気圧882 hPa(ヘクトパスカル)を記録し大西洋におけるハリケーンとしては過去最強の勢力となった[3]。最大風速64ノット(32.6メートル/秒)以上のハリケーンの発生数は15個に達し、従来の最多記録であった1969年の12個を上回り、過去最多となった[3]

また、12月になってから発生したハリケーンもあり、このような時期におけるハリケーンの発生は異例であった[3]

2005年の大西洋ハリケーンの基礎データ[編集]

  • 最初の熱帯低気圧発生:6月8日
  • 最後の熱帯低気圧消滅:2006年1月6日
  • 最も強かったハリケーン:ウィルマ(882 hPa・185 mph(マイル毎時))
  • ハリケーンの総数:27個(過去最多)
  • 総死亡者数:3,912人
  • 総被害額:1717億5500万ドル(2005 USD

2005年の大西洋ハリケーン一覧[編集]

トロピカル・ストーム・アーリーン[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 6月8日 – 6月13日
ピーク時の強さ 70 mph (110 km/h) (1分間平均) 
989 mbar (hPa)

トロピカル・ストーム・ブレット[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 6月28日 – 6月30日
ピーク時の強さ 40 mph (65 km/h) (1分間平均) 
1002 mbar (hPa)

ハリケーン・シンディ[編集]

カテゴリー1 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 7月3日 – 7月7日
ピーク時の強さ 75 mph (120 km/h) (1分間平均) 
991 mbar (hPa)

ハリケーン・デニス[編集]

カテゴリー4 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 7月4日 – 7月13日
ピーク時の強さ 150 mph (240 km/h) (1分間平均) 
930 mbar (hPa)

ハリケーン・エミリー[編集]

カテゴリー5 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 7月11日 – 7月21日
ピーク時の強さ 160 mph (260 km/h) (1分間平均) 
929 mbar (hPa)

トロピカル・ストーム・フランクリン[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 7月21日 – 7月29日
ピーク時の強さ 70 mph (110 km/h) (1分間平均) 
997 mbar (hPa)

トロピカル・ストーム・ゲルト[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 7月23日 – 7月25日
ピーク時の強さ 45 mph (75 km/h) (1分間平均) 
1005 mbar (hPa)

トロピカル・ストーム・ハービー[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月2日 – 8月8日
ピーク時の強さ 65 mph (100 km/h) (1分間平均) 
994 mbar (hPa)

ハリケーン・アイリーン[編集]

カテゴリー2 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 8月4日 – 8月18日
ピーク時の強さ 105 mph (165 km/h) (1分間平均) 
970 mbar (hPa)

トロピカル・ストーム・ホセ[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月22日 – 8月23日
ピーク時の強さ 60 mph (95 km/h) (1分間平均) 
998 mbar (hPa)

ハリケーン・カトリーナ[編集]

カテゴリー5 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 8月23日 – 8月30日
ピーク時の強さ 175 mph (280 km/h) (1分間平均) 
902 mbar (hPa)

トロピカル・ストーム・リー[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月28日 – 9月2日
ピーク時の強さ 40 mph (65 km/h) (1分間平均) 
1006 mbar (hPa)

ハリケーン・マリア[編集]

カテゴリー3 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 9月1日 – 9月10日
ピーク時の強さ 115 mph (185 km/h) (1分間平均) 
962 mbar (hPa)

ハリケーン・ネイト[編集]

カテゴリー1 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 9月5日 – 9月10日
ピーク時の強さ 90 mph (150 km/h) (1分間平均) 
979 mbar (hPa)

ハリケーン・オフィーリア[編集]

カテゴリー1 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 9月6日 – 9月17日
ピーク時の強さ 85 mph (140 km/h) (1分間平均) 
976 mbar (hPa)

ハリケーン・フィリップ[編集]

カテゴリー1 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 9月17日 – 9月23日
ピーク時の強さ 80 mph (130 km/h) (1分間平均) 
985 mbar (hPa)

ハリケーン・リタ[編集]

カテゴリー5 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 9月18日 – 9月26日
ピーク時の強さ 180 mph (285 km/h) (1分間平均) 
895 mbar (hPa)

ハリケーン・スタン[編集]

カテゴリー1 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 10月1日 – 10月5日
ピーク時の強さ 80 mph (130 km/h) (1分間平均) 
977 mbar (hPa)

トロピカル・ストーム・タミー[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 10月5日 – 10月6日
ピーク時の強さ 50 mph (85 km/h) (1分間平均) 
1001 mbar (hPa)

ハリケーン・ヴィンス[編集]

カテゴリー1 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 10月8日 – 10月11日
ピーク時の強さ 75 mph (120 km/h) (1分間平均) 
988 mbar (hPa)

ハリケーン・ウィルマ[編集]

カテゴリー5 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 10月15日 – 10月25日
ピーク時の強さ 185 mph (295 km/h) (1分間平均) 
882 mbar (hPa)

トロピカル・ストーム・アルファ[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 10月22日 – 10月24日
ピーク時の強さ 50 mph (85 km/h) (1分間平均) 
998 mbar (hPa)

ハリケーン・ベータ[編集]

カテゴリー3 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 10月26日 – 10月31日
ピーク時の強さ 115 mph (185 km/h) (1分間平均) 
962 mbar (hPa)

トロピカル・ストーム・ガンマ[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 11月14日 – 11月21日
ピーク時の強さ 50 mph (85 km/h) (1分間平均) 
1002 mbar (hPa)

トロピカル・ストーム・デルタ[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 11月22日 – 11月28日
ピーク時の強さ 70 mph (110 km/h) (1分間平均) 
980 mbar (hPa)

ハリケーン・イプシロン[編集]

カテゴリー1 ハリケーン (SSHWS)
発生期間 11月29日 – 11月8日
ピーク時の強さ 85 mph (140 km/h) (1分間平均) 
981 mbar (hPa)

トロピカル・ストーム・ゼータ[編集]

トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 12月30日 – 2006年1月6日
ピーク時の強さ 65 mph (100 km/h) (1分間平均) 
994 mbar (hPa)

備考[編集]

2005年の前後の年における大西洋ハリケーンの活動に関しては、前年の2004年もハリケーンの連続襲来が話題となっていた[4]チャーリーフランシスアイバンジーンなどのハリケーンが、アメリカ及びカリブ海の国々を相次いで襲い、ハイチではジーンにより2000人以上が死亡するなど大規模な災害となった[4]。一方翌年の2006年は、2004年と2005年の活発さから転じて比較的落ち着いており、発生数も9個にとどまって2005年の発生数の3分の1であった[5]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e デジタル台風:2005年台風のまとめ”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年8月5日閲覧。
  2. ^ a b デジタル台風:台風の名前(アジア名)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年8月5日閲覧。
  3. ^ a b c 地球が見える 2005年(TRMMで観測した2005年のハリケーン)”. JAXA. 2020年8月6日閲覧。
  4. ^ a b デジタル台風:2004年台風のまとめ”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年8月5日閲覧。
  5. ^ デジタル台風:2006年台風のまとめ”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年8月5日閲覧。