トレパン (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポーツマス軍港にて
艦歴
発注 1966年7月15日
起工 1967年10月28日
進水 1969年9月27日
就役 1970年8月14日
退役 1999年6月1日
除籍 1999年6月1日
その後 原子力艦再利用プログラムにて2000年4月7日に解体終了
性能諸元
排水量 基準:3,978トン
満載:4,270トン
全長 89 m (292 ft 3 in)
全幅 9.7 m (31 ft 8 in)
吃水 8.8 m (28 ft 8 in)
機関 S5W reactor
最大速 水中25 ノット、水上15ノット
乗員 士官14名、兵員95名
兵装 21インチ魚雷発射管4基

トレパン(USS Trepang, SSN-674)は、アメリカ海軍原子力潜水艦スタージョン級原子力潜水艦の25番艦であり、同名の艦としては、バラオ級潜水艦7番艦のトレパン(USS Trepang, SS/AGSS-412)に次ぐ二代目。

艦名はインドネシア語でナマコを指し、東インド諸島の珊瑚礁に棲息するナマコに因んだもの。

建造[編集]

進水式の様子

トレパンの建造はジェネラルダイナミックス社グロトン造船所へ1966年7月15日に発注され、1967年10月28日に起工、1969年9月27日に進水した。進水式は、国防総省長官夫人臨席のもと行われた。

艦歴[編集]

1970-1971[編集]

1970年8月14日、Dean R. Sackett, Jr.中佐の指揮下にてコネチカット州ニューロンドンを母港とし就役する。

最初の任務は1971年初頭に行われた北極海での実験航海であり、2月22日から3月22日まで北極海の氷上に浮上したほか兵装システムの試験を行う。極地における潜水艦の行動そのものが科学研究上の歴史的快挙と考えられるが、軍事技術についても多数の知見が得られた。本艦が極地において撮影した写真が、のちにフランスのオカルト雑誌に掲載されてUFOと報じられたことがあったが、実際には兵装試験の際に使用した気球であるとされる。

ニューロンドンに帰還後は温暖なカリブ海での試験のため1971年4月22日に出航、アメリカ領ヴァージン諸島セント・クロイ島Frederikstedにて兵装の試験を行った。

ニューイングランドに寄港後、再び試験航海のため出航、1971年11月には北大西洋での単艦任務を行った。

1972[編集]

1972年2月5日にニューロンドンへ帰港、周辺海域で攻撃型原潜としての所定の訓練を実施し、1972年7月24日から北大西洋にて訓練航海を行ったのち9月25日に帰港した。その後はアメリカ本土東岸にて任務を行った。

1973[編集]

4週間ポーツマスで入渠のち、フロリダ沿岸で兵装の試験を実施した。第6艦隊に所属し1973年10月の第四次中東戦争にて数度の作戦に参加した。

1978[編集]

10月、トレパンの乗っ取り未遂事件が発生、男性三名がFBIに逮捕される。

1979-1988[編集]

1985年5月3日からIcex-85に参加、1987年には北極点に到達する。のち主に地中海にて任務にあたる。

1988-1991[編集]

バミューダ諸島に派遣され、Battle Effectiveness Award(Battle”E”)を受賞する。北大西洋での任務のためスコットランドに1989年から1991年まで派遣され、のちポーツマスでオーバーホールされる。母港がサウスカロライナ州のチャールストンとなる。チャールストンへの回航時に、パーフェクト ストームと呼ばれる記録的なハリケーンに遭遇する。

1991-1998[編集]

地中海にて攻撃型原潜としての演習を続行、ボスニア紛争においてはSEALを派遣するなどの任務を行った。トランスワールド航空800便墜落事故の際に関与が疑われたが、当時ロングアイランド沖におり誤射事故の可能性がないことが確認された。

トレパンは1997年6月から12月にかけての6ヶ月にわたる最後の任務を行ったのち、1998年後半からは退役前に核燃料を消費し切るため世界中を回航した。この間にJoint Meritorious Unit Awardを受賞している。

退役[編集]

1999年6月1日にブレマートンで退役、除籍され、原子力艦再利用プログラムに従い2000年4月7日までに解体された。装備品は、スミソニアン博物館で機関室部分や机・ベッドなどの備品が展示された。