トレチェント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トレチェント(Trecento)とは、14世紀イタリアにおける文化・芸術面での時代区分をいう。総括的にはルネッサンス期の開始と捉えられるが、まだゴシックの形態を残している分野あるいは地域が多く見られ、過渡期と捉える事も出来る。

絵画[編集]

ジョット・ディ・ボンドーネシモーネ・マルティーニ

文学[編集]

ダンテペトラルカボッカチオ

音楽[編集]

フランスのアルス・ノーヴァの影響を受け、イタリアで初めて多声音楽(ポリフォニー音楽)が開始された。このアルス・ノーヴァとも異なる固有の音楽文化を「トレチェント音楽」といい、音楽史の独立した一項目として扱われる。この音楽はイタリア北部を中心に ミラノパヴィアフィレンツェパドヴァボローニャローマ等で活動が活発であった。また歌詞の題材として、ペトラルカの詩からの影響も大きかった。 代表的な作曲者として フランチェスコ・ランディーニ が挙げられる。 また、ナポリや後年のミラノなど、フランスの影響を受けやすい地域ではアルス・スブティリオルの音楽が流入していた。