トリボニアヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トリボニアヌス(Tribonianus、? - 543年)は、ビザンティン帝国法学者パンフィリアの出身で、弁護士を皮切りにユスティニアヌス帝のもとで枢機の行政諸官職を歴任した。とりわけ法律家として秀で、ユスティニアヌス法典編纂委員会の一員として頭角をあらわし、《学説彙纂(いさん)》、《法学提要》の編纂、ユスティニアヌス法典(ローマ法大全)の改訂に主役を演じた。

関連項目[編集]