トリプル9 裏切りのコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トリプル9 裏切りのコード
Triple 9
監督 ジョン・ヒルコート
脚本 マット・クック
製作 キース・レドモン英語版
バード・ドロス
マーク・バタン英語版
アンソニー・カタガス英語版
クリストファー・ウッドロウ英語版
ジョン・ヒルコート
製作総指揮 スティーヴ・ゴリン
ポール・グリーン
トム・オーテンバーグ
ピーター・ローソン
モリー・コナーズ
マリア・セストーン
サラ・E・ジョンソン
キンバリー・フォックス
イザベル・ドス・サントス
出演者 ケイシー・アフレック
キウェテル・イジョフォー
アンソニー・マッキー
アーロン・ポール
クリフトン・コリンズ・Jr
ノーマン・リーダス
ガル・ガドット
ウディ・ハレルソン
ケイト・ウィンスレット
音楽 アッティカス・ロス[1]
クローディア・サーン
レオポルド・ロス英語版
ボビー・クルリック英語版
撮影 ニコラス・カラカトサニス
編集 ディラン・ティチェナー
製作会社 ワールドビュー・エンターテインメント英語版
Sierra Pictures
アノニマス・コンテンツ英語版
MadRiver Pictures
SureFire Capital
配給 アメリカ合衆国の旗 オープン・ロード・フィルムズ
日本の旗 プレシディオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年2月16日(プレミア上映)
アメリカ合衆国の旗 2016年2月26日
日本の旗 2016年6月18日
上映時間 115分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[3]
興行収入 $23,400,000[4]
テンプレートを表示

トリプル9 裏切りのコード』(トリプルナインうらぎりのコード、Triple 9)は、2016年アメリカ合衆国で製作されたクライムスリラー映画。製作・監督をジョン・ヒルコートが、脚本をマット・クックが務めた。出演はケイシー・アフレックキウェテル・イジョフォーアンソニー・マッキーアーロン・ポールクリフトン・コリンズ・Jrノーマン・リーダステリーサ・パーマーマイケル・K・ウィリアムズガル・ガドットウディ・ハレルソンケイト・ウィンスレット

ストーリー[編集]

アメリカ合衆国アトランタ特殊部隊の元隊員や悪徳警官で組織された武装集団のリーダーであるマイケルは、雇い主であるロシア系コーシャー・マフィア(イスラエル人犯罪組織)との関係を絶とうと考えていた。だが、そんな要求をマフィアの女ボスが許すはずもなく、息子を人質に取られたマイケルは新たな要求を突きつけられる。それは国土安全保障省の施設を襲撃せよという無謀なものだった。

当然施設は厳重な警備に守られており正面からの突入は自殺行為だと考えたマイケルは、仲間が言っていた警察の緊急コード「999」を利用することを思いつく。そのコードは警官が撃たれたことを意味するもので、そのコードが発せられると全ての警官が職務を中止し現場へ向かう決まりとされていた。マイケルはこのコードが発せられている間に施設を襲おうというのだ。仲間たちはこの案に賛成。そしてどの警官を撃つか話し合った末、実直な性格で悪徳警官たちから目をつけられている新人のクリスに決まるのだが、計画は予想外の方向へ動き出してしまう。

キャスト[編集]

クリス・アレン
演 - ケイシー・アフレック、日本語吹替 - 小松史法[5]
新人警官。ギャング対策班所属。
マイケル・アトウッド
演 - キウェテル・イジョフォー、日本語吹替 - 竹田雅則
武装集団のリーダー。元Navy SEALsブラックウォーターUSAに所属していた。
マーカス・ベルモント
演 - アンソニー・マッキー、日本語吹替 - 北田理道
武装集団の一員で汚職警官。ギャング対策班でのクリスの相棒。
ゲイブ・ウェルチ
演 - アーロン・ポール、日本語吹替 - 茂木たかまさ
武装集団の一員でラッセルの弟。元警官。
薬物中毒者。
フランコ・ロドリゲス
演 - クリフトン・コリンズ・Jr、日本語吹替 - 伊原正明
武装集団の一員で汚職警官。殺人課に所属。
ラッセル・ウェルチ
演 - ノーマン・リーダス、日本語吹替 - 小山力也
武装集団の一員でマイケルの相棒。元Navy SEALsでブラックウォーターUSAに所属していた。強盗の際は主にナビゲーション担当。
ミシェル・アレン
演 - テリーサ・パーマー
クリスの妻。
スウィート・ピー
演 - マイケル・K・ウィリアムズ
女装した男。ジェフリーの情報屋。
エレナ・ヴラスロフ
演 - ガル・ガドット、日本語吹替 - 甲斐田裕子
マイケルの恋人でイリーナの妹。マイケルの子供を育てている。
ジェフリー・アレン
演 - ウディ・ハレルソン、日本語吹替 - 内田直哉
ベテラン警察官。重大犯罪課に所属。クリスの叔父。
イリーナ・ヴラスロフ
演 - ケイト・ウィンスレット、日本語吹替 - 深見梨加
コーシャー・マフィアの女ボス。先代ボスの妻。
トリーナ・リン
演 - ミシェル・アン英語版
女性警察官。

脚注[編集]

  1. ^ “Atticus Ross to Score John Hillcoat’s ‘Triple Nine’”. FilmMusicReporter. (2015年1月19日). http://filmmusicreporter.com/2015/01/19/atticus-ross-to-score-john-hillcoats-triple-nine/ 2016年8月13日閲覧。 
  2. ^ TRIPLE 9 (15)”. British Board of Film Classification (2016年1月14日). 2016年8月13日閲覧。
  3. ^ 'Deadpool’ Will Cuss Out ‘Gods Of Egypt’, ‘Eddie The Eagle’ & ‘Triple 9’ – Box Office Preview”. deadline.com. 2016年8月13日閲覧。
  4. ^ Triple 9 (2016)”. The Numbers. 2016年8月13日閲覧。
  5. ^ トリプル9 裏切りのコード(ブルーレイ)”. 2016年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]