トリプトファンヒドロキシラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トリプトファンヒドロキシラーゼ1
(トリプトファン5-モノオキシゲナーゼ)
識別子
略号 TPH1
遺伝子コード TPRH, TPH
Entrez 7166
HUGO 12008
OMIM 191060
RefSeq NM_004179
UniProt P17752
他のデータ
EC番号
(KEGG)
1.14.16.4
遺伝子座 Chr. 11 p15.3-p14
トリプトファンヒドロキシラーゼ2
識別子
略号 TPH2
Entrez 121278
HUGO 20692
OMIM 607478
RefSeq NM_173353
UniProt Q8IWU9
他のデータ
遺伝子座 Chr. 12 q15

トリプトファンヒドロキシラーゼ(Tryptophan hydroxylase、TPHEC 1.14.16.4)は、神経伝達物質であるセロトニンを合成する酵素である。

機能[編集]

トリプトファンの5位にヒドロキシル基を付加し、5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)を形成する。この反応は5-ヒドロキシトリプトファンはセロトニン合成の最初の反応であり律速段階である。また、メラトニン合成の最初の酵素でもある。

トリプトファンヒドロキシラーゼ(TPH)、チロシンヒドロキシラーゼ(TH)およびフェニルアラニンヒドロキシラーゼ(PAH)は芳香族アミノ酸ヒドロキシラーゼの上科の酵素であり、代謝経路において重要な鍵となる フェニルアラニンヒドロキシラーゼとチロシンヒドロキシラーゼとこの酵素は(6R)-L-エリトロ-5,6,7,8-テトラヒドロビオプテリン (BH4) と酸素分子を補因子として使う相同的な酵素である[1]

ヒトでは、トリプトファン管理によるセロトニン合成の刺激は抗うつ効果を持つ。例えばp-クロロフェニルアラニンによるトリプトファンヒドロキシラーゼの抑制はうつを促進する可能性がある[2]

トリプトファンヒドロキシラーゼの活性(すなわち、トリプトファンのセロトニン前駆体である5-ヒドロキシトリプトファンへの変換の速度)は、それがリン酸化を受けたときに増加する。例えば、タンパク質キナーゼAはトリプトファンヒドロキシラーゼをリン酸化することができ、それにより活性は増す。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BH4 Databases Archived 2006年12月6日, at the Wayback Machine.
  2. ^ Three-Dimensional Structure of Human Tryptophan Hydroxylase and Its Implications for the Biosynthesis of the Neurotransmitters Serotonin and Melatonin

外部リンク[編集]