トリニダード・トバゴの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トリニダード・トバゴの国章
Coat of arms of Trinidad and Tobago.svg
詳細
使用者 トリニダード・トバゴ
採用 1962年
サポーター スカーレット・アイビスコクリコ
モットー Together We Aspire, Together We Achieve
我ら共に熱望し、我ら共に成し遂げる

トリニダード・トバゴ国章(トリニダード・トバゴのこくしょう)は、独立に伴い1962年にトリニダード・トバゴの人民を表現する象徴を選ぶために形成された委員会によってデザインされた。委員会は特筆されるべきアーティストのカーライスル・チャンと後のデザイナーのジョージ・バイリーを含んでいた。シールドは国旗の複数の色(黒、赤、白)を持ち、同じ意味である。金色の船はクリストファー・コロンブスが「新世界」への旅に使用したサンタ・マリア、ニナ、ピンタの三隻の船を表している。シールドの上の二羽の鳥はハチドリである。トリニダードは十六種類以上の異なるハチドリが島に記録されているため、時々「ハチドリの地」と言及される。二匹の大きな鳥はスカーレット・アイビス(左)とコクリコ(右)であり、トリニダード・トバゴの国鳥である。鳥の下には国是の「我ら共に熱望し、我ら共に成し遂げる」が記されている。

関連項目[編集]