トリッピン・ライヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トリッピン・ライヴ
ドクター・ジョンライブ・アルバム
リリース
録音 1996年1月7日 - 14日 ロンドン ロニー・スコッツ[1]
ジャンル R&Bブルースファンク
時間
レーベル アメリカ合衆国の旗Surefire Records/Wind-Up
欧州連合の旗イーグル・レコード
プロデュース マック・レベナック、チャック・ヴィンセント
専門評論家によるレビュー
ドクター・ジョン アルバム 年表
アフターグロウ
(1995年)
トリッピン・ライヴ
(1997年)
アナザー・ゾーン
(1998年)
テンプレートを表示

トリッピン・ライヴ』(Trippin' Live)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、ドクター・ジョン1997年に発表した、本人公認の作品としてはキャリア初のライブ・アルバム[2][3][注釈 1]

背景[編集]

1996年1月のロンドン公演の模様が収録され、「24・アワーズ・ア・デイ、365・ア・イアー」にはジュールス・ホランドがゲスト参加している[1]。ドクター・ジョンは『ピープル』誌のインタビューにおいて、ライブ・アルバムの発表は長年の目標だったとコメントし「スタジオ・ミュージシャンは四方の壁に向けて演奏するもので、私は人生の大半でそうしてきた。人々に向けて演奏する時は違う。人々を踊らせて、尻を振らせるのさ」と語っている[2]

評価[編集]

グラミー賞では最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞にノミネートされた[4]。また、ニューオーリンズの音楽雑誌『オフビート』によって1997年の最優秀R&B/ソウル・アルバムに選出された[5]

Brian Beattyはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「バンドの演奏は優れており、どの曲もタイトで正確に読み取られているが、彼らの演奏は些か硬すぎる時が多いと批判されるかもしれない」と評している[3]

収録曲[編集]

  1. ティピティーナ - "Tipitina" (Roy Byrd, Cosimo Matassa) - 6:29
    • アルバム『ガンボ』(1972年)より。
  2. ワイルド・ハニー - "Wild Honey" (Mac Rebennack, Robert Guidry Jr.) - 4:24
  3. ディドント・ヒー・ランブル - "Didn't He Ramble" (Hattie Bolton) - 4:49
  4. サッチ・ア・ナイト - "Such a Night" (M. Rebennack) - 7:23
  5. レネゲイド - "Renegade" (M. Rebennack, Gerry Goffin) - 7:51
    • アルバム『タンゴ・パレス』(1979年)より。
  6. キン・フォーク - "Kin Folk" (James Wayne) - 5:36
    • 本作に初収録のカヴァー曲。
  7. ライト・プレイス・ロング・タイム - "Right Place Wrong Time" (M. Rebennack) - 4:33
    • アルバム『イン・ザ・ライト・プレイス』(1973年)より。
  8. マイ・バディ - "My Buddy" (Gus Kahn, Walter Donaldson) - 4:01
  9. メドレー:ダウン・バイ・ザ・リヴァーサイド〜マイ・インディアン・レッド〜マルディ・グラ・デイ〜アイ・シャル・ノット・ビー・ムーヴド - "Medley: Down By the Riverside/My Indian Red/Mardi Gras Day/I Shall Not Be Moved" (Traditional / Traditional / Mac Rebennack / Traditional) - 9:02
    • オリジナル曲「マルディ・グラ・デイ」はアルバム『レメディーズ』(1970年)より。
  10. 24・アワーズ・ア・デイ、365・ア・イアー - "24 Hours a Day, 365 a Year" (Henry Glover, Rudolph Toombs) - 6:42
    • 本作に初収録のカヴァー曲。
  11. グッドナイト・アイリーン - "Goodnight Irene" (John Lomax, H. Ledbetter) - 9:34
    • アルバム『ゴーイン・バック・トゥ・ニューオーリンズ』(1992年)より。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1975年のアルバム『Hollywood Be Thy Name』は、完全なライブ・アルバムではなくスタジオ録音の3曲も含まれている。

出典[編集]

  1. ^ a b Dr John* - Trippin' Live (CD, Album) at Discogs
  2. ^ a b Picks and Pans Review: Talking With…”. People. Time Inc. (1997年9月29日). 2016年2月23日閲覧。
  3. ^ a b Beatty, Brian. “Trippin' Live - Dr. John”. AllMusic. 2016年2月23日閲覧。
  4. ^ Moon, Tom (1998年1月7日). “Grammys: A Familiar Face, A Few Surprises Babyface Leads In Nomination For A Second Year”. Philly.com. 2016年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月21日閲覧。
  5. ^ Best of the Beat Awards Winners: Complete List”. Offbeat Magazine. 2016年2月23日閲覧。