トリコロール (サッカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トリコロールTricolore)は、アディダス社製のサッカーボールであり、1998年FIFAワールドカップフランス大会に使用された公式球である。

概要[編集]

名称はフランスの国旗通称に由来している。ワールドカップ公式球で最初に多色刷りされたサッカーボールであると同時に1978年から使用された古典的なタンゴデザインの最後のワールドカップ公式球である[1]

その後、2019年にフランスで行われた2019 FIFA女子ワールドカップにて、「トリコロール」の名称が復活した試合球「トリコロール19」が本大会の決勝トーナメントで使用された[2]

児童労働の排除[編集]

1990年代後半、国際労働機関の調査により児童労働により生産されるサッカーボールの実態が明らかになり、国際的な問題となったことから、国際サッカー連盟は、児童労働を含む労働条件の改善を図るため、サッカーボールのライセンス制度を厳格化した[3]。トリコロールは、こうした措置を踏まえた初のワールドカップ公式球という記念碑的存在となっている。

出典[編集]

  1. ^ 「2010FIFA ワールドカップ公式試合球概要」 (PDF) アディダス・ジャパン株式会報道資料
  2. ^ adidas Football (Soccer) on Instagram: “Tricolore. Introducing the Tricolore 19 ... 2019年6月21日 - Instagram
  3. ^ 逢見直人『特集・スポーツと労働・サッカーボールに込められた願い』 (PDF) 日本労働研究雑誌2005年4月(独立行政法人労働政策研究・研修機構ホームページ)
先代:
クエストラ
FIFAワールドカップ
公式球

1998 FIFAワールドカップ
次代:
フィーバーノヴァ