トランスフォーマー (ルー・リードのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トランスフォーマー
ルー・リードスタジオ・アルバム
リリース
録音 ロンドン、トライデント・スタジオ(1972年8月)
ジャンル ロックグラムロック
時間
レーベル RCAレコード
プロデュース デヴィッド・ボウイミック・ロンソン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 13位(イギリス)[1]
  • 29位(アメリカ)[2]
ルー・リード 年表
ロックの幻想
(1972年)
トランスフォーマー
(1972年)
ベルリン
(1973年)
ミュージックビデオ
「Vicious」 - YouTube
「Walk on the Wild Side」 - YouTube
「Satellite of Love」 - YouTube
テンプレートを表示

トランスフォーマー』(Transformer)は、ルー・リードの2枚目のオリジナルアルバム1972年RCAレコードから発売された。

概要[編集]

デヴィッド・ボウイと、当時ボウイのバンドにいたミック・ロンソンがプロデュースを担当した。音楽評論家のマーク・デミングは、本作におけるボウイとロンソンの仕事に関して「曖昧な作風だったリードのファースト・ソロ・アルバムよりも、リードにふさわしい(そして商業的にも抜け目がない)新しい音を生み出した」と評している[3]

本作は、リードの母国アメリカのBillboard 200において初のトップ50入りを果たし、最高29位に達した[2]。また、1973年にはリードにとって初の全英アルバムチャート入りを果たし、最高13位に達した[1]。本作からのシングル「ワイルド・サイドを歩け」は、リードのシングルとしては初めて米英のシングル・チャート入りを果たし、アメリカのBillboard Hot 100では16位[2]、イギリスでは10位に達した[1]

2002年、本作の発売30周年記念に伴い、アコースティック・デモ2曲がボーナス・トラックとして追加収録された。

ローリング・ストーン』誌が2003年に選出したオールタイム・グレイテスト・アルバム500では、194位にランク・インした[4]。また、『Q』誌が2006年に読者投票で決定した「偉大なアルバム100」では、96位にランク・インした[5]

リードは後年、本作収録曲のセルフ・カヴァーや別ヴァージョンも発表している。アルバム『ザ・レイヴン』(2003年)には、アントニー・ヘガティ英語版がゲスト参加した「パーフェクト・デイ」が収録され、2004年には、「サテライト・オブ・ラヴ」のリミックス・ヴァージョンである「サテライト・オブ・ラヴ'04」がシングルとしてリリースされて、全英10位に達した[1]

表ジャケットの撮影者はミック・ロック。裏ジャケットの撮影者は、ロキシー・ミュージックファースト・アルバムのジャケットなどを手がけたカール・シュテッカー(Karl Stoecker)[6]

収録曲[編集]

全曲とも作詞・作曲はルー・リードによる。

Side 1
  1. ヴィシャス - Vicious - 2:58
  2. アンディの胸 - Andy's Chest - 3:21
  3. パーフェクト・デイ - Perfect Day - 3:47
  4. ハンギン・ラウンド - Hangin' Round - 3:35
  5. ワイルド・サイドを歩け - Walk on the Wild Side - 4:16
Side 2
  1. メイキャップ - Make Up - 3:00
  2. サテライト・オブ・ラヴ - Satellite of Love - 3:42
  3. ワゴンの車輪 - Wagon Wheel - 3:20
  4. ニューヨーク・テレフォン・カンヴァセイション - New York Telephone Conversation - 1:34
  5. アイム・ソー・フリー - I'm So Free - 3:10
  6. グッドナイト・レイディズ - Goodnight Ladies - 4:31

2002年リマスター盤ボーナス・トラック[編集]

  1. ハンギン・ラウンド(アコースティック・デモ) - Hangin' Round (Acoustic Demo) - 3:58
  2. パーフェクト・デイ(アコースティック・デモ) - Perfect Day (Acoustic Demo) - 4:50

カバー・バージョン[編集]

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]