トラミーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
試作車
(トラミーノ・S100)

トラミーノ(Tramino)[1]ポーランドポズナンの車両メーカーであるソラリス(Solaris Bus & Coach S.A.)が開発した路面電車超低床電車)ブランド。2019年現在ポーランドドイツの5都市の路面電車に導入されている。それまでバスの製造を行っていたソラリスが初めて製造した鉄道車両であったが、2017年4月1日に設立されたシュタッドラー・レールとの合弁会社であるソラリス・トラム(Solaris Tram)を経て、2018年11月20日以降はシュタッドラーの子会社のシュタッドラー・ポルスカ(Stadler Polska)によって展開が行われている[2][3]

ポズナン[編集]

概要[編集]

トラミーノ・S105p

2009年に製造されたトラミーノの試作車(トラミーノ・S100、Tramino S100)は同年10月14日グダニスクで開催された鉄道見本市のTrakoポーランド語版で展示された後、翌2010年3月以降ポーランドポズナンを走るポズナン市電ポーランド語版で試運転が実施された。同年に開催された第8回イノトランスでの展示を経て、2011年1月28日から営業運転に用いられている[4][5][6]

一方、2009年11月23日にポズナン市電を運営するポズナン市交通局ポーランド語版は40編成の量産車(トラミーノ・S105p、Tramino S105p)を購入する契約を交わし、同年12月28日には更に5編成の追加契約を交わした。搬入は2011年から行われ、2012年までに全45編成が導入されている。導入に際して全費用の3億1,300万ズウォティのうち59%は欧州連合からの補助金によって賄われている[6][7][8][9][10]

これらの車両は直流600 V(架空電車線方式)に対応した片運転台式の5車体連接車で、台車がある小型車体が大型フローティング車体を挟む編成を組む。量産車(S105p)は試作車(S100)と比べて車体幅が拡大した他、座席数を減らした事で立席定員が増加している[6][11][10]

諸元[編集]

形式 製造年 総数 軌間 編成 運転台 台車数 備考・参考
"トラミーノ・100S"
"トラミーノ・105p"
2009(S100)
2011-12(S105p)
1編成(S100)
45編成(S105p)
1,435mm 5車体連接車 片運転台 2基(動力台車)
1基(付随台車)
[6][11]
全長 全幅 全高 床面高さ 低床率 車輪経 重量
31,700mm(S100)
32,026mm(S105p)
2,350mm(S100)
2,420mm(S105p)
3,575mm
(集電装置除)
3,760mm
(集電装置含)
350mm 100% 600mm(S100)
620mm(S105p)
営業最高速度 設計最高速度 着席定員 折り畳み座席定員 立席定員 電動機出力 編成出力
70km/h 80km/h 61人(S100)
48人(S105p)
8人(S100)
5人(S105p)
138人(S100)
181人(S105p)
105kw
三相誘導電動機
420kw

オルシュティン[編集]

概要[編集]

トラミーノ・S111o

1960年代に廃止されたポーランドオルシュティン路面電車オルシュティン市電)が2015年12月19日に復活するにあたり導入されたのが、3車体連接式のトラミーノ・S111o(Tramino S111o)である。全車体が台車を有する両運転台の3車体連接車で、直流600 V(架空電車線方式)に対応する。車体幅はポーランドの路面電車で最大の2,500mmで、車内には冷暖房双方に対応した空調装置を搭載する[12][13]

2019年現在15編成(3001-3015)が導入されているが、2018年9月以降動力台車のベアリングの緩みが指摘された7編成が一時的に運用を離脱し、随時ソラリスの工場で修理が行われている[14]

諸元[編集]

形式 製造年 総数 軌間 編成 運転台 台車数 備考・参考
"トラミーノ・S111o" 2015 15編成(1001-1015) 1,435mm 3車体連接車 両運転台 2基(動力台車)
1基(付随台車)
[13]
全長 全幅 全高 床面高さ 低床率 車輪経 重量
29,300mm 2,500mm 3,800mm 360mm 100% 682mm
営業最高速度 設計最高速度 着席定員 立席定員 フリースペース 電動機出力 編成出力
70km/h 75km/h 43人 200人 2箇所 120kw
三相誘導電動機
480kw

イェーナ[編集]

概要[編集]

トラミーノ・S109j

ドイツイェーナを走るイェーナ市電ドイツ語版に5編成(701-705)が導入されたトラミーノ・S109j(Tramino S109j)は、初めてドイツの都市に導入されたポーランド製の路面電車車両である。編成はドイツ各地に導入されている、車体ごとに台車が存在する"GTx"タイプの3車体連接式となっており、重量が均等に分散され連結部の負荷が削減される他線路の摩耗も抑えられる効果を持つ。顧客からの要望に基づき、ポーランド向けの車両と比べて座席数が増加している。電圧直流600 V(架空電車線方式)に対応する[15][16]

2014年1月から営業運転を開始しており、各編成にはイェーナの姉妹都市オーベルヴィリエバークレーエアランゲンルゴジサンマルコス英語版)にちなんだ愛称が付けられている[15]

諸元[編集]

形式 製造年 総数 軌間 編成 運転台数 台車数 備考・参考
"トラミーノ・S109j" 2013 5編成(701-705) 1,000mm 3車体連接車 両運転台 1基(電動機2基)
2基(電動機1基)
[15][17]
全長 全幅 全高 床面高さ 低床率 車輪経 重量
29,300mm 2,300mm 3,600mm 360mm 100% 662mm 39.5t
営業最高速度 設計最高速度 着席定員 立席定員 フリースペース 電動機出力 編成出力
70km/h 75km/h 61人 103人 2箇所 90kw
三相誘導電動機
360kw

ブラウンシュヴァイク[編集]

概要[編集]

トラミーノ・S110b

2012年7月5日ドイツブラウンシュヴァイクブラウンシュヴァイク市電ドイツ語版を運営するブラウンシュヴァイク路面電車会社 (BSVG)ドイツ語版は、片運転台式の4車体連接車であるトラミーノ・S110b(Tramino S110b)を15編成導入する契約を交わし、翌2013年5月21日には3編成が追加発注された。直流600 V・軌間1,100 mmというブラウンシュヴァイク市電の条件を満たした設計で、中間車体の車内には車椅子ベビーカーを設置する事が出来るフリースペースが1箇所設置されている。2015年4月13日から営業運転を開始し、市電の全車両のうち85%が超低床電車となった[1][15][18][19][20]

更に2017年6月29日には塗装変更やフリースペースの増設、回生ブレーキの搭載などの改良を施した"トラミーノⅡ"(Tramino II)の発注が実施された。2019年8月から12月にかけて7編成(1951-1957)が導入される予定となっており、試運転を経た同年12月の営業運転開始をもってブラウンシュヴァイク市電の全列車が超低床電車となる[1][21]

諸元[編集]

形式 製造年 総数 軌間 編成 運転台数 台車数 備考・参考
"トラミーノ・S110b" 2014-15 18編成(1451-1468) 1,100mm 4車体連接車 片運転台 1基(電動機2基)
3基(電動機1基)
[18][22]
全長 全幅 全高 床面高さ 低床率 車輪経 重量
35,740mm 2,300mm 3,560mm 360mm 100% 662mm
営業最高速度 設計最高速度 着席定員 立席定員 フリースペース 電動機出力 編成出力
70km/h 75km/h 90人 121人 1箇所 90kw
三相誘導電動機
450kw

ライプツィヒ[編集]

概要[編集]

ライプツィヒ市電NGT10形
(トラミーノ・XL)
営業運転中の車両(1002)

2015年ドイツライプツィヒライプツィヒ市電を運営しているライプツィヒ運輸有限会社(LVB)ドイツ語版は、1969年から1986年まで導入され1990年代の更新工事を経て長期に渡り使用されていたタトラカー(T4D-M形)を置き換えるために4車体連接式のトラミーノを導入する契約を交わした。直流600 V・750 V(架空電車線方式)双方に対応し、急な曲線が多いライプツィヒ市電の線形に適した設計になっており、37-38m級の長大編成である事からトラミーノ・XL(Tramino XL)の愛称が付けられている。先頭・後部車両に2基づつ存在する動力台車は車軸付きのボギー台車であり、その部分を除いた車内の65%が低床構造となっている[23][24]

2016年12月21日に最初の編成(1001)がライプツィヒに到着し、試運転の後2017年7月13日に実施された出発式から営業運転を開始した。追加発注も含めて61編成(1001-1061)が導入される計画であり、これらの編成にはライプツィヒの地名にちなんだ愛称が付けられる事になっている[24][25][26][27][28]

諸元[編集]

形式 製造年 総数 軌間 編成 運転台 台車数 備考・参考
NGT10形
(XL形、39形)
"トラミーノ・XL"
2016-20 61編成(予定)
(1001-1061)
1,458mm 4車体連接車 片運転台 4基(動力台車)
1基(付随台車)
[29]
全長 全幅 全高 床面高さ 低床率 車輪経
37,630mm 2,300mm 3,498mm 590mm 65% 600mm
営業最高速度 重量 着席定員 立席定員 電動機出力 編成出力
70km/h 75人 145人 85kw
三相誘導電動機
340kw

クラクフ[編集]

ポーランドクラクフクラクフ市電ポーランド語版を運営するMPKクラクフポーランド語版は、老朽化した高床式車両の置き換えを目的に2018年1月16日に35編成のオプションを含む50編成の製造契約を交わした。全長は33.4mで、従来の車両と比べ車幅が2,400mmに拡張される。安全対策のため車体にはクラッシャブルゾーンが設置されている他、架線からの電力供給に加えて停電などの非常事態には蓄電池を用い短距離(3km)の走行が可能である。着席定員は80人、立席定員は227人となる。車両は2020年以降クラクフ市電に搬入される予定となっている[30]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c tochigi.lrtの投稿(2636346733076418) - Facebook
  2. ^ Stadler übernimmt Solaris Tram und stärkt die Position auf dem polnischen Markt”. Stadler Rail (2018年11月20日). 2019年9月11日閲覧。
  3. ^ Solaris Bus & Coach S.A. 2017, p. 1-8.
  4. ^ Arkadiusz Lubka (2010-10). “InnoTrans 2010”. Świat kolei (Łódź: Emi-Press): 3. ISSN 1234-5962. 
  5. ^ Tramino na jazdach próbnych - ウェイバックマシン(2016年2月24日アーカイブ分)
  6. ^ a b c d Tramino już liniowo! - ウェイバックマシン(2016年3月10日アーカイブ分)
  7. ^ Tomasz Gieżyński (2009-12). “Solaris Tramino – nowa siła na tramwajowym rynku”. Świat kolei (Łódź: Emi-Press): 46-47. ISSN 1234-5962. 
  8. ^ Tomasz Gieżyński (2009-12). “Tramwaje z Solarisa”. Świat kolei (Łódź: Emi-Press): 46-47. ISSN 1234-5962. 
  9. ^ Tramino już liniowo! - ウェイバックマシン(2016年3月10日アーカイブ分)
  10. ^ a b Poznań: oficjalnie zakończono dostawy Solarisów Tramino”. epoznan.pl (2012年5月28日). 2019年9月11日閲覧。
  11. ^ a b Solaris Bus & Coach S.A. 2017, p. 5.
  12. ^ Martyn Janduła (2015年12月19日). “Ruszyły tramwaje w Olsztynie”. transport-publiczny.pl. 2019年9月11日閲覧。
  13. ^ a b Solaris Bus & Coach S.A. 2017, p. 7.
  14. ^ Przemysław Farsewicz (2018年9月28日). “Olsztyn: Prawie połowa tramwajów uziemiona. Powodem awarie”. transport-publiczny.pl. 2019年9月11日閲覧。
  15. ^ a b c d Witold Urbanowicz (2013年11月12日). “Pierwszy polski tramwaj dla Niemiec zaprezentowany w Jenie”. transport-publiczny.pl. 2019年9月11日閲覧。
  16. ^ Neue Straßenbahn in Jena vorgestellt - ウェイバックマシン(2013年11月9日アーカイブ分)
  17. ^ Solaris Bus & Coach S.A. 2017, p. 6.
  18. ^ a b Tramino Braunschweig - die neuste Generation Braunschweiger Stadtbahnen - ウェイバックマシン(2015年5月18日アーカイブ分)
  19. ^ Tramino Braunschweig auf erster Linienfahrt - ウェイバックマシン(2015年7月15日アーカイブ分)
  20. ^ Solaris Tramino jadą do Brunszwiku”. kurierkolejowy.eu (2013年5月21日). 2019年9月11日閲覧。
  21. ^ Der Tramino: Modernste Stadtbahntechnik für Braunschweig”. BSVG (2019年8月22日). 2019年9月11日閲覧。
  22. ^ Solaris Bus & Coach S.A. 2017, p. 4.
  23. ^ Unloaded: First solaris Tramino ‘XL’ arrives in Leipzig”. railcolornews (2017年1月15日). 2019年9月11日閲覧。
  24. ^ a b The Tramino enters regular service; Leipzig goes XL”. railcolornews (2017年7月18日). 2019年9月11日閲覧。
  25. ^ +9: Leipzig orders more Solaris Tramino XL”. railcolornews (2018年1月12日). 2019年9月11日閲覧。
  26. ^ Solaris NGT10 / NGT XL”. Städtischer Nahverkehr Leipzig. 2019年9月11日閲覧。
  27. ^ Die XL – unsere neue Leipziger Straßenbahn für die wachsende Stadt Leipzig.”. Leipziger Verkehrsbetriebe. 2019年9月11日閲覧。
  28. ^ LVB kaufen 20 weitere XL-Straßenbahnen”. Leipziger Volkszeitung (2019年2月1日). 2019年9月11日閲覧。
  29. ^ Solaris Bus & Coach S.A. 2017, p. 3.
  30. ^ Umowa na tramwaje dla Krakowa podpisana”. infotram.pl (2018年1月16日). 2019年9月11日閲覧。

参考資料[編集]

  • Solaris Bus & Coach S.A. (2017年). “DIRECTION Tramino (PDF)” (英語). 2019年9月11日閲覧。

外部リンク[編集]