トラベラー (コンピュータゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トラベラー
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 Microsoft Windows 98/XP
開発元 入江ノジコ
人数 1人
メディア ダウンロードゲーム
発売日 2002年7月31日
最新版 1.12.50/ 2006年2月24日
エンジン RPGツクール2000
その他 フリーウェア
要RPGツクール2000 RTP
コンテストパーク銀賞受賞作
テンプレートを表示

トラベラー』(Traveler)は、入江ノジコによって制作されたRPGツクール2000製のロールプレイングゲーム2002年6月度のインターネットコンテストパーク(同年7月31日結果発表)において銀賞を受賞した作品であり、2006年2月24日更新の改良版ver.1.12.50がフリーウェアとして公開されている。

概要[編集]

の世界において夢魔を退治する神霊治療師のジェードが主人公ファンタジー作品となっている。ジェードは弟子のベリルとともに故郷であるゴールドストーンを訪れ、師匠エマの依頼により一人の患者を治療することになる。そこから物語は始まり、やがて因縁の敵であるレッドジャスパーと対決することになる。

アイテムを夢の中に持ち込むことはできないが、特定の場所で魔法の力を封じ込めることによって使用できるようになるマジックカードは例外となっている。また本作には経験値レベルの概念はなく、ジェードの能力値は「思念体操作」によって変更することができる。

作者である入江ノジコは、「気楽にプレイできて、シンプルに楽しいゲーム」を目指したとしている[1]。本作はインターネットコンテストパークへ応募した作品であるが、最後のコンテストに間に合わせるために開発期間が短くなってしまい、新しい素材も用意できなかったことから厳しい環境であったという[1]。結果として「多少ストーリーを曲げて」しまったが[2]、それでも「個性的なキャラクタを作ることができた」と述べている[1]

評価[編集]

コンテストパークでは、「グラフィックやゲームシステムなどの面でとくに目立つ要素はないが、シナリオの秀逸さが際立っていた作品」と評価されている。「ゲーム的な部分とストーリー展開のバランスが絶妙」と評されているが、「もう少し作品の特徴となるキーワードが欲しい」ともされており、夢の世界についても「不条理感をもっと活かすこともできたかも」とされている[2]

ベクターの「新着ソフトレビュー」では、「ストーリーの進め方やキャラクタたちの魅力、世界観、ゲームバランスなど、すべてのバランスが非常に優れているRPG」と評されている。そして「ストーリーで魅せる」作品であるため「敵との戦闘を最小限に抑えることができる」点や、患者ごとに異なる不条理な夢の世界があり「魅力的な世界観を楽しむことができる」点について評価されている[1]

『無料最新Windowsゲーム200+』(笠倉出版社)では、「癖のあるキャラクターが魅力的」な作品で「会話の節々に頬を緩ませるコネタが含まれているのもポイントが高い」と評されている。物語については「人間ドラマをうまく調合してあるので非常に奥行きのある話に仕上がって」いると評されており、「さり気ない町民との会話にも力を注いで」いることのわかる「非常に読ませてくれる」作品とされている。また「夢の世界でお金を稼いでアイテムを買うなど、着眼点が面白い」とも評されている[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d トラベラー改良版 - 新着ソフトレビュー ベクター 2003年8月23日
  2. ^ a b インターネットコンテストパーク 月間受賞作品紹介【2002年6月】 - ウェイバックマシン(2015年10月21日アーカイブ分)
  3. ^ 『無料最新Windowsゲーム200+』笠倉出版社、2006年、76頁。ISBN 978-4-7730-9182-3

外部リンク[編集]