トラピスチヌ修道院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天使の聖母トラピスチヌ修道院
天使園トラピスチヌ修道院
情報
用途 修道院巡礼地
所在地 042-0914
北海道函館市上湯川町346
座標 北緯41度47分16.26秒
東経140度49分21.05秒
テンプレートを表示

トラピスチヌ修道院(トラピスチヌしゅうどういん)は、北海道函館市郊外にあるトラピスト会(厳律シトー会)系の女子修道院天使の聖母トラピスチヌ修道院」の通称であり、通称天使園とも呼ばれる。日本最初の観想女子修道院である。また男子禁制である。お土産物として売られている、マダレナ(ケーキ)やクッキーが有名。

修道規律の改革が起きたとき、フランスのノルマンディー地方にある「トラップ修道院」の厳しい規律に従うシトー修道会のグループを厳律シトー修道会、修道院の場所の名を取ってトラピスト(女子はトラピスチヌ)と呼ばれるようになった。

トラピスチヌ修道院は1898年明治31年)にフランスから派遣された8名の修道女によって創立された。その後1925年大正14年)と1941年昭和16年)の2回、火災に遭い再建をしている。

三木露風がここを訪ねて「野薔薇」を書き、山田耕筰作曲の日本歌曲として親しまれている[1]

沿革[編集]

[2]

  • 1905年 - (明治38年)、本館正面側の一部となるレンガ2階建ての建物を完成させた。
  • 1907年 - (明治40年)函館大火。このときに、いくつかの部屋をシャルトル聖パウロ会に提供し、その修道女たちが世話していた孤児たちの避難所となった。
  • 1912年 - (大正元年)、オランダ種クリーム・チーズの製造が始まる。後年、バターも製造されるようになる。
  • 1925年 - (大正14年)、火災が発生。その後、2年足らずで再建。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 実際にはハマナスである(『山田耕筰作品全集第5巻~独唱曲1 三木露風の詩による作品』春秋社)。
  2. ^ 天使の聖母トラピスチヌ修道院 青菁社

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度47分16.2秒 東経140度49分20.8秒 / 北緯41.787833度 東経140.822444度 / 41.787833; 140.822444