トラビス・イシカワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トラビス・イシカワ
Travis Ishikawa
シカゴ・ホワイトソックス(マイナー)
Ishikawa 1B on october 1 2009.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州シアトル
生年月日 1983年9月24日(32歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 2002年 ドラフト21巡目(全体637位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名
初出場 2006年4月18日 アリゾナ・ダイヤモンドバックス
年俸 $525,000(2012年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トラビス・タカシ・イシカワTravis Takashi Ishikawa , 日本名:石川 隆(いしかわ たかし)、1983年9月24日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身で日系アメリカ人プロ野球選手内野手)。現在はMLBシカゴ・ホワイトソックス傘下シャーロット・ナイツ所属。

曽祖父日本人で、父は日系、母は白人。ハワイにルーツを持つ日系4世である。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

シアトルで生まれ、フェデラルウェイで育ったイシカワは、シアトル・マリナーズファン[2]で特にケン・グリフィー・ジュニアイチローのファンだった[3][4]1997年9月27日ランディ・ジョンソンが通算2000奪三振を達成の試合を球場で観戦していたという[5]2002年にはフェデラルウェイ市高校生選抜チームの一員として八戸市を訪れ親善試合に参加した[6]

ジャイアンツ時代[編集]

2002年MLBドラフト21巡目(全体637位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名を受け入団。同年、ルーキー級アリゾナリーグ・ジャイアンツでプロデビューを果たし、その後、A-級セーレムカイザー・ボルケーノーズへ昇格。

2003年はA-級セーレムカイザーとA級ヘイガーズタウン・サンズでプレー。

2004年はA級ヘイガーズタウンとA+級サンノゼ・ジャイアンツでプレー。A級ヘイガーズタウンでは97試合の出場でチーム最多タイの15本塁打を記録した[7]

2005年は、年間通じてA+級サンノゼでプレイ。127試合の出場でチーム1位となる22本塁打・長打率.532を記録[8]。オフの11月17日にジャイアンツとメジャー契約を結び、40人枠入りを果たした[9]

2006年は開幕をAA級コネチカット・ディフェンダーズで迎えたが、4月17日ランス・ニークロ忌引に伴い、メジャー昇格を果たし、4月18日にメジャーデビュー[10]。しかし、メジャーデビューの2日後にニークロが復帰したため、AA級コネチカットヘ降格した[11]。この年は12試合の出場に終わった。

2007年はメジャーに昇格することなくシーズンを終え、2008年8月13日に2年ぶりにメジャー昇格[12]。33試合の出場で、打率.274・3本塁打・15打点を記録。また、マイナーリーグでは、いずれもイシカワ自身が2005年に記録した数字上回る打率.299、24本塁打、94打点、10盗塁という成績を残している。

2009年はメジャーリーグ定着を果たし、120試合に出場した。打撃面では打率.261・9本塁打・39打点を記録した。シーズン後に発表された新人ベストナインの一塁手部門に選出された[13]

2010年は、新加入したオーブリー・ハフが好調であった事[14]ベンジー・モリーナが移籍するまで新人捕手のバスター・ポージーが一塁手で出場したこと[14]などが重なり、先発出場したのは25試合だけだった。シーズン通算では116試合に出場し、打率.266・3本塁打・22打点という数字を記録。同年のワールドシリーズ第一戦では代打で適時打を放った[6]

2011年はAAA級フレズノ・グリズリーズで開幕を迎え、肩を故障したこともあって一年を通してメジャーリーグに出場することがなかった。AAA級では56試合に出場し、3本塁打18打点3盗塁、打率.251だった。オフの11月2日にFAとなった。

ブルワーズ時代[編集]

2011年12月12日ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ[15]

2012年4月4日にブルワーズとメジャー契約を結んだ[16]。5月27日に15日間の故障者リスト入りし[17]、6月23日に復帰した[18]。94試合に出場し、4本塁打30打点、打率.257だった。11月2日に40人枠から外れ、AAA級ナッシュビル・サウンズへ降格し[19]、11月3日にFAとなった。

オリオールズ時代[編集]

2012年12月19日ボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ[20]

2013年はAAA級ノーフォーク・タイズで開幕を迎え、49試合に出場。6月18日にオリオールズとメジャー契約を結び[21]、6試合に出場したが、打率.118と結果を残せず、6月29日DFAとなった[22]

ヤンキース時代[編集]

2013年7月7日ウェイバー公示を経てニューヨーク・ヤンキースへ移籍[23]。移籍後は1試合に出場したが、デレク・ジーターの故障者リストからの復帰に伴い7月11日にDFAとなり、7月13日にFAとなった[24]

ホワイトソックス傘下時代[編集]

2013年7月18日シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結んだ[25]。AAA級シャーロット・ナイツで34試合に出場し、2本塁打23打点、打率.250だった。11月5日にFAとなった。

パイレーツ時代[編集]

2013年12月18日ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んだ[26]

2014年3月29日にパイレーツとメジャー契約を結び、開幕ロースター入りしたが、4月19日にDFAとなった[27]。4月22日にAAA級インディアナポリス・インディアンスへ降格した。4月23日にFAとなった。

ジャイアンツ復帰[編集]

2014年4月25日に古巣・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ[28]。AAA級フレズノで71試合に出場し、11本塁打45打点、打率.271の成績で、7月29日にジャイアンツとメジャー契約を結んだ[29]

チームがプレイオフに進んだ後、3勝1敗で迎えたリーグチャンピオンシップシリーズの第5戦、3-3の同点、9回1死一、二塁からサヨナラホームランを放ち、ワールドシリーズ進出を決めた。サヨナラホームランでワールドシリーズ出場を決めたのはイシカワが史上4人目。ナ・リーグでは初[30]。ジャイアンツ側はイシカワが放ったサヨナラホームランのボールの返却をファンに望んでいたが、そのボールを手にしていたファンが球団の要望を快諾し、イシカワ本人に直接ボールを返却した。代わりにイシカワのサイン入りバットとワールドシリーズ第3戦で始球式を行う名誉を得て、始球式を行った。その時は、左投げながらイシカワ自身が捕手を務めた[31]

2015年青木宣親の加入で出場機会を失い、一塁もブランドン・ベルトが好調で、休養時もバスター・ポージーが一塁を守れることから、5月25日にDFAとなり[32]、5月31日にAAA級サクラメント・リバーキャッツに降格した。6月24日青木の故障者リスト入りに伴い、メジャー契約を結び25人ロースター入りした[33]が7月3日にDFAとなった[34]

パイレーツ復帰[編集]

7月5日、ウェイバー公示を経てピッツバーグ・パイレーツに移籍した[35]。7月6日に25人ロースター入りし、サンディエゴ・パドレス戦に代打で出場した[36][37]。10月22日にFAとなった[38]

ホワイトソックス傘下時代[編集]

2016年1月にシアトル・マリナーズとマイナー契約すると報じられた[39]が合意には至らず、2月9日にシカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになったと報じられ[40]、2月10日付でMLBの公式ページで公示された[41]

人物[編集]

日系アメリカ人4世であり、日本語は話せないがご飯類が好物である[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 SF 12 25 24 1 7 3 1 0 12 4 0 0 0 0 1 0 0 6 1 .292 320 .500 .820
2008 33 104 95 12 26 6 0 3 41 15 1 0 0 0 9 1 0 27 1 .274 .337 .432 .768
2009 120 363 326 49 85 10 2 9 126 39 2 2 1 2 30 3 4 89 7 .261 .329 .387 .715
2010 116 173 158 18 42 11 0 3 62 22 0 0 1 1 13 2 0 29 3 .266 .320 .392 .712
2012 MIL 94 174 152 19 39 12 1 4 65 30 0 0 4 1 13 3 4 42 4 .257 .329 .428 .757
2013 BAL 6 18 17 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 8 0 .118 .167 .118 .284
NYY 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
'13計 7 20 19 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 10 0 .105 .150 .105 .255
2014 PIT 15 38 34 2 7 1 1 1 13 3 0 0 0 1 3 0 0 11 2 .206 .263 .382 .646
SF 47 81 73 7 20 3 0 2 29 15 0 0 0 1 6 1 1 23 1 .274 .333 .397 .731
'14計 62 119 107 9 27 4 1 3 42 18 0 0 0 2 9 1 1 34 3 .252 .311 .393 .703
2015 6 6 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .000 .167 .000 .167
PIT 38 66 58 5 13 3 0 1 19 8 0 0 0 0 8 0 0 17 2 .224 .318 .328 .646
'15計 44 72 63 6 13 3 0 1 19 8 0 0 0 0 9 0 0 20 2 .206 .306 .302 .607
通算:8年 488 1050 944 114 241 49 5 23 369 137 3 2 6 6 85 10 9 257 21 .255 .321 .391 .712
  • 2015年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Travis Ishikawa Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN. 2012年12月5日閲覧。
  2. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版2009年、455頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  3. ^ John Shea (2009年5月22日). “Ishikawa wants Griffey to get a hit” (英語). San Francisco Chronicle. 2010年1月6日閲覧。
  4. ^ ジャイアンツのT.イシカワが明かしたイチローの仰天素顔”. 日刊ゲンダイ. 2014年10月6日閲覧。
  5. ^ Mychael Urban (2009年5月12日). “'All-or-nothing' Unit gets win No. 298” (英語). MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  6. ^ a b c 吉原大介 (2011年5月19日). “もう一度、夢の舞台へ トラビス・イシカワ(ジャイアンツ傘下3A)”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/sports/column/TKY201105210229.html 2012年3月21日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ 2004 Hagerstown Batting Statistics” (英語). The Baseball Cube. 2009年1月6日閲覧。
  8. ^ 2005 San Jose Batting Statistics” (英語). The Baseball Cube. 2009年1月6日閲覧。
  9. ^ “Giants add six players to 40-man roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Francisco Giants), (2005年11月17日), http://sanfrancisco.giants.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20051117&content_id=1269751&vkey=pr_sf&fext=.jsp&c_id=sf 2014年7月31日閲覧。 
  10. ^ Rich Draper (2006年4月18日). “Notes: Ishikawa called up” (英語). MLB.com. 2010年1月6日閲覧。
  11. ^ Rich Draper (2006年4月20日). “Giants pitchers roughed up in Arizona” (英語). MLB.com. 2010年1月6日閲覧。
  12. ^ Giants add Pablo Sandoval, Travis Ishikawa and Ryan Rohlinger” (英語). MLB.com (2008年8月13日). 2010年1月6日閲覧。
  13. ^ Topps unveils 51st Rookie All-Star team” (英語). メジャーリーグベースボール (2009年11月25日). 2016年2月18日閲覧。
  14. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版、2011年、417頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  15. ^ “Brewers announce non-roster invites” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Milwaukee Brewers), (2011年12月12日), http://m.brewers.mlb.com/news/article/26148028 2016年2月18日閲覧。 
  16. ^ Adam McCalvy, Owen Perkins (2012年4月4日). “Brewers make moves to finalize 40-man roster”. MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  17. ^ Adam McCalvy (2012年5月27日). “Ishikawa becomes sixth Brewer to land on DL”. MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  18. ^ Rowan Kavner (2012年6月23日). “Marcum replaces Ishikawa on disabled list”. MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  19. ^ Adam McCalvy (2012年11月2日). “Brewers make moves to free up roster space”. MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  20. ^ Brittany Ghiroli (2012年12月19日). “Orioles sign trio of players to Minors deals”. MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  21. ^ “Orioles recall LHP Zach Britton from Triple-A Norfolk, select contract of INF Travis Ishikawa from the Tides” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2013年6月18日), http://m.orioles.mlb.com/news/article/51013510 2016年2月18日閲覧。 
  22. ^ “Orioles recall RHP Jair Jurrjens from Triple-A Norfolk; INF Travis Ishikawa designated for assignment” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2013年6月29日), http://m.orioles.mlb.com/news/article/52176284 2016年2月18日閲覧。 
  23. ^ Josh Vitale (2013年7月8日). “Claimed off waivers, Ishikawa makes Yanks debut”. MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  24. ^ Tim Dierkes (2013年7月14日). “Travis Ishikawa To Elect Free Agency”. MLB Trade Rumors. 2016年2月18日閲覧。
  25. ^ Ishikawa Signed by Chicago, Assigned to Charlotte”. MiLB.com (2013年7月19日). 2014年7月31日閲覧。
  26. ^ “Pirates sign seven Minor League free agents” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Pittsburgh Pirates), (2013年12月18日), http://m.pirates.mlb.com/news/article/66053272 2016年2月18日閲覧。 
  27. ^ George Von Benko (2014年4月19日). “Pirates activate Stewart from DL, option Sanchez”. MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  28. ^ Chris Haft (2014年4月25日). “Pagan's sore knee being monitored”. MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  29. ^ Chris Haft (2014年7月29日). “Ishikawa returns to Giants; Perez also recalled”. MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  30. ^ ジ軍日系4世イシカワがサヨナラ弾でWS”. 日刊スポーツ (2014年10月18日). 2014年10月26日閲覧。
  31. ^ “イシカワの“記念球”を手にしたファンが始球式に登場”. スポーツニッポン. (2014年10月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/25/kiji/K20141025009167150.html 2014年10月26日閲覧。 
  32. ^ Sean Bialaszek (2015年5月25日). “Postseason Hero Travis Ishikawa Is Designated for Assignment”. Golden Gate Sports. http://goldengatesports.com/2015/05/25/postseason-hero-travis-ishikawa-is-designated-for-assignment/ 2015年6月29日閲覧。 
  33. ^ Chris Haft (2015年6月24日). “Giants to use left-field platoon to fill in for Aoki”. MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/134494572/ryan-lollis-josh-osich-added-to-giants 2015年7月5日閲覧。 
  34. ^ Chris Haft (2015年7月3日). “Giants add Lollis, Osich, put Hudson on DL”. MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/134494572/ryan-lollis-josh-osich-added-to-giants 2015年7月5日閲覧。 
  35. ^ Shawn Krest (2015年7月5日). “Pirates claim Travis Ishikawa off waivers” (英語). CBS Sports FANTASY (CBS Interactive). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/pirates-claim-travis-ishikawa-off-waivers/ 2016年2月18日閲覧。 
  36. ^ Bill Brink (2017年7月7日). “Travis Ishikawa hoping to 'repay' Pirates” (英語). Pittsburgh Post-Gazette. http://www.post-gazette.com/sports/pirates/2015/07/07/Travis-Ishikawa-hoping-to-repay-Pirates/stories/201507070078 2015年7月7日閲覧。 
  37. ^ MLB.com Gameday”. mlb.com. 2015年7月7日閲覧。
  38. ^ Transactions | pirates.com” (英語). MLB.com (2015年10月22日). 2015年10月23日閲覧。
  39. ^ Chris Haft (2016年1月19日). “Ishikawa getting a fresh start with Seattle”. MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  40. ^ Scott Merkin (2016年2月9日). “White Sox ink Ishikawa to Minor League deal”. MLB.com. 2016年2月18日閲覧。
  41. ^ Transactions | whitesox.com” (英語). MLB.com (2016年2月10日). 2016年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]