トラウィスカルパンテクートリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トラウィスカルパンテクートリ。
槍であらゆる生き物を傷つけるトラウィスカルパンテクートリの絵。

トラウィスカルパンテクートリ(Tlahuizcalpantecuhtli, Tlahuixcalpantecuhtli, Tlahuizcalpantecutli)は、アステカ神話に伝わる破壊神明けの明星金星)の擬人化で、その名は「曙の主」を意味する。激しく燃えさかる(光線)を投げつける姿で現される。

古代アステカでは、金星からの光はあらゆる災いをもたらすものとされ、金星の運行が熱心に研究されていた。ある絵文書には、100年以上にも及ぶ天体の運行予測が記されているという。

かつて太陽神トナティウが誕生した時、トナティウは神々に生け贄を求めた。その事に腹を立てたトラウィスカルパンテクートリは、太陽に向かって槍を放った。しかし、太陽に槍を跳ね返され、自身の頭に刺さってしまう。その瞬間からイツラコリウキになってしまったという。

ケツァルコアトルの化身ともされる。

参考文献[編集]

  • 『西洋神名事典』 新紀元社、1999年、141頁。
  • 『悪魔事典』 新紀元社、2000年、208-209頁。