F級駆逐艦 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
F級駆逐艦
HMS Cossack (1907) IWM Q 021123.jpg
基本情報
種別 駆逐艦
命名基準 世界各地の民族部族
運用者  イギリス海軍
就役期間 1907年 - 1921年
前級 E級 (リバー級)
次級 G級 (ビーグル級)
要目
常備排水量 850~1,090トン
全長 76.2~85.4 m
全幅 7.5~8.4 m
吃水 3.0 m
ボイラー 水管ボイラー×5~6缶
主機関 蒸気タービン×3基
推進器 スクリュープロペラ×3軸
出力 14,000馬力
速力 33.0ノット
燃料 重油185~216トン
航続距離 1,590~2,040海里 (15kt巡航時)
乗員 68名
兵装 1905-6年度艦
50口径7.6cm砲×3基
 (1907年に2基を増載)
・45cm単装魚雷発射管×2基
1906-7年度艦以降
40口径10.2cm砲×2基
・45cm単装魚雷発射管×2基
テンプレートを表示

F級駆逐艦英語: F-class destroyer)は、イギリス海軍駆逐艦の艦級[1]。艦名に世界各地の部族tribe)の名を用いていることから、当初はトライバル級: Tribal-class)と称されていたが、1913年に再種別された[2]

来歴[編集]

元来、水雷艇駆逐艦(TBD)は、欧州大陸沿岸部において、主力艦を護衛してフランス海軍水雷艇の撃攘および敵主力艦への雷撃にあたることを想定していた。その後、ドイツ帝国の台頭および英仏関係の改善を受けて、1901年度より、イギリス海軍は、想定戦場を北海に移して大幅に設計を改訂したリバー級(後のE級)の建造に着手した[1][3]

1904年、ジョン・アーバスノット・フィッシャー大将が第一海軍卿に就任すると、この方針は一層明確になった。フィッシャー第一海軍卿はドレッドノート級戦艦と高速駆逐艦による艦隊編成を構想しており、駆逐艦にも戦艦に随伴しうる航洋性が求められるようになった。これに応じて、1905年度計画より建造が開始されたのが本級である[1][3]

設計[編集]

本級では、先行する駆逐艦と同様、詳細設計は個々の造船所に任せられたため、艦型は極めて多彩になっている[1]。設計面には多くの新機軸が導入されているが、最大の特徴が蒸気タービン機関と重油専焼水管ボイラーの採用である。従来の駆逐艦はレシプロ蒸気機関と石炭専焼水管ボイラーを基本としてきたが、1896-7年度計画で30ノッター型を元に試作された高速艦3隻がいずれも目標速力を達成できず、レシプロ蒸気機関は既に技術的な限界に達していると考えられるようになっていた。このことから、本級ではパーソンズ式の直結蒸気タービンが採用された。これは1898年度計画の「ヴァイパー」(C級)などで試験採用されていたもので、本級では「エディン」(E級)の構成を踏襲して、両舷軸に低圧タービン、中央軸に高圧タービンを結合した3軸推進方式と見られている。またボイラーも、航続距離延伸の要請から、「サーリー」(A級)で試験採用された重油専焼式が本格導入された[4]

これらの主機面の改正のほか、6時間の連続運転による実用的な性能公試、4日間の連続行動に耐える居住性という要求事項は、以後の駆逐艦でも踏襲された。ただし多くの新機軸導入のためもあり、建造費は1隻あたり14万ポンドと高騰したことから、1908年度以降のG級(ビーグル級)ではコスト低減が図られることになった[1]

装備[編集]

本級では、艦砲の装備も強化された。27ノッター型・30ノッター型では40口径7.6cm砲(12ポンド砲)と40口径5.7cm砲(6ポンド砲)を搭載していたが、日露戦争の戦訓を受けて、イギリス海軍は6ポンド砲では威力不足と判断し、1906年よりリバー級(後のE級)の6ポンド砲を撤去して12ポンド砲に換装していた。本級では更に強化が求められたことから、まず1905年度計画分では、12ポンド砲の砲身を延長して高初速化をはかった50口径7.6cm砲を搭載し、1907年には更に2基を増載した。また以後の計画分では、大口径化を図った40口径10.2cm砲(Mk.VIII 4インチ砲)が搭載された[1][5]

その後、1916年には仮想敵であるドイツ帝国海軍大型水雷艇が12.7センチ砲を搭載するとの情報がもたらされたが、イギリス海軍の制式砲に12.7センチ砲がなかったことから、まずドレッドノート級戦艦の副砲軽巡洋艦主砲として使われていた45口径15.2センチ砲(Mk.VII 6インチ砲)を試すことになり、大型の「スウィフト」のほか本級の「ヴァイキング」が搭載艦として選ばれたが、取り扱いが困難だったことから、まもなく撤去された。またこの時期には、経空脅威の深刻化に対処するため、39口径40mm機銃(2ポンドポンポン砲)2門も追加装備された[2]

水雷艇撃攘と同時に、水雷艇と同様の雷撃任務も求められたことから、従来の駆逐艦と同様に、ホワイトヘッド魚雷のための18インチ魚雷発射管2基も搭載されている[1]。1909年には、新型の熱走魚雷であるマークVII(雷速41ノットで駛走距離2,700 m)の運用にも対応した。また1918年9月には、この時点で就役していた艦を対象として、近距離での対水上戦に備えて14インチ魚雷発射管2門が追加装備された[2]

同型艦一覧[編集]

計画 艦名 造船所 進水 解体/売却
1905-6年度 アフリディ
HMS Afridi
アームストロング 1907年5月8日 1919年
コサック
HMS Cossack
キャメル・レアード 1907年2月16日
グルカ
HMS Ghurka
ホーソン・レスリー 1907年4月29日 1917年2月8日 戦没
モホーク
HMS Mohawk
ホワイト 1907年3月15日 1919年
タタール
HMS Tartar
ソーニクロフト 1907年6月25日 1921年
1906-7年度 アマゾン
HMS Amazon
1908年7月29日 1919年
サラセン
HMS Saracen
ホワイト 1908年3月31日 1919年
1907-8年度 クルセーダー
HMS Crusader
1909年3月20日 1920年
マオリ
HMS Maori
デニー 1909年5月24日 1915年5月7日 戦没
バイキング
HMS Viking
パルマーズ 1909年9月14日 1919年
ヌビアン
HMS Nubian
ソーニクロフト 1909年4月21日 1916年10月27日に雷撃を受けて大破、「ズールー」と結合して「ズビアン」と改名
ズールー
HMS Zulu
ホーソン・レスリー 1909年9月16日 1916年10月27日に触雷して大破、「ズビアン」として改修、1919年売却

2隻の大破、そして結合[編集]

同時期に大破した2隻の駆逐艦の無事な部分を接合して1隻の正常な駆逐艦として再生するプランが海軍に提出され、実行された。「ズールー」の艦首部と「ヌビアン」の艦後部を接合する工事が1917年6月7日にチャタム王立造船所で完了された。この駆逐艦は2隻の艦名の造語である「ズビアン」と命名されて1917年6月7日に就役した。しかし第一次世界大戦の終結に伴う大量除籍の一環として、1919年に除籍されて解体処分となった。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「イギリス駆逐艦史」、『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 23頁、 ISBN 978-4905551478
  2. ^ a b c Randal Gray (1984). Robert Gardiner. ed. Conway's All the World's Fighting Ships 1906-1921. Naval Institute Press. pp. 18, 71-72. ISBN 978-0870219078. 
  3. ^ a b 中川務「イギリス駆逐艦建造の歩み」、『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 149-155頁、 ISBN 978-4905551478
  4. ^ 阿部安雄「機関 (技術面から見たイギリス駆逐艦の発達)」、『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 164-171頁、 ISBN 978-4905551478
  5. ^ 高須廣一「兵装 (技術面から見たイギリス駆逐艦の発達)」、『世界の艦船』第477号、海人社、1994年2月、 172-179頁、 ISBN 978-4905551478