トヨタ・DR型バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

DR型バス(DRがたバス)とは、かつてトヨタ自動車が製造し販売ていた大型路線バスである。

また、トヨタ初の「リヤエンジン“ディーゼル”バス」で、1958年9月に発表した。

シリーズの概要[編集]

DR10型
エンジンは6.5リッター130馬力の直列6気筒頭上弁式2D型。車体は、ホイールベース5000mmのフレームレスモノコック構造で、ドアが中央付近(中扉)に設けられた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ トヨタ自動車75年史

関連項目[編集]