トモダチ (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トモダチ』は原明日美少女漫画。『なかよし』(講談社2005年2月号から2006年3月号まで連載(ただし2005年11月号は休載)。コミックスは全3巻。


あらすじ[編集]

「友達なんてほしくない」。落書きをされるなど、イジメにあっていた小学生・佐倉やまと。そんな彼女の目の前に桐島藍が現れ、2人は友達となる。しかし、やまとは遠い外国へ行くことになってしまった。やがて、5年後、やまとは藍に会うために日本へ戻ってくる。やまとは、藍と同じクラスになり、席も隣同士にもなれたのだが、彼女はすっかり変わってしまっていた…。

登場人物[編集]

佐倉やまと(さくら やまと)
主人公。高校生で、藍のことを親友だと思っている。藍とは親しくなってから日本を発つまでの2年間、親友であった。しかし、5年後に戻ってきた際には、シカト同然の態度をされてしまう。烈のことを最初は「藍のダメ彼氏」と誤解していたが、和解して喧嘩友達のような間柄になる。
桐島藍(きりしま あい)
やまとが日本を発つまでの2年間親友だった。小学生の頃は真面目で友達思いの心優しい少女だったが、やまとが戻ってきた際には、5年前とはすっかりキャラクターが変わってしまっていて、しょっちゅう学校をサボりゲーセンなどに行く不良になってしまっていた。しかし、その原因は、中学生の頃のイジメで痛い目に遭い、「人を信じる」ことができなくなったからであった。
五十嵐烈(れつ)
藍の彼氏。彼氏になった本当の理由は、彼氏になれば藍が受けたイジメを助けられるとの思いからであった。
真鍋水樹(まなべ みずき)
かつては藍の彼氏であったが、藍がイジメられていた頃は病院手術を受けていた。やまとを時々助けてくれている。
森田来実(くるみ)
イジメっ子。やまとの友達のフリをして、藍とやまとの友情を引き裂こうとする。
水谷奈々子(みずたに ななこ)
やまとのクラスメイト。過去に、イジメられていた際やまとに助けられた。