トム・ラ・ルファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バシール・バラッカ
Sylvester Lefort.jpg
プロフィール
リングネーム バシール・バラッカ
シルベスター・ルフォー
フレンチ・スタリオン
イーグルマスク
トム・ラ・ルファ
本名 トーマス・ラルファ
ニックネーム フランスの成金男
身長 180cm
体重 91kg
誕生日 (1984-05-04) 1984年5月4日(32歳)
出身地 フランスの旗 フランスニース
所属 TNA
トレーナー ランス・ストーム
デビュー 2007年
テンプレートを表示

トム・ラ・ルファTom La Ruffa1984年5月4日 - )は、フランスプロレスラーニース出身[1]

来歴[編集]

インディー団体[編集]

ランス・ストームが主宰するストーム・レスリング・アカデミー(Storm Wrestling Academy)出身。

2007年よりプロレスラーとしてのキャリアを開始。NWAのフランス支部であるICWA(International Catch Wrestling Alliance)を主戦場とし、1月31日にイーグルマスクEagle Mask)なるマスクマンとしてデビューし、ピエール・フォンテインとタッグを組んでUKピットブルズビッグ・デイブ & ザ・バルク)と対戦した。

同年9月より活動の場をAWS(Alternative Wrestling Show)やEWF(Empire Wrestling Federation)といったアメリカカリフォルニア州を拠点とするインディー団体にフレンチ・スタリオンThe French Stallion)のリングネームで参戦。ウィリー・マックTJパーキンスマイキー・ニコルスといったレスラーたちと試合を行った。

2014年

2008年6月より活動の場をフランスに戻すと一躍トップレスラーの一人としての待遇を受けるようになり、メタルマスター(チャド・マレンコ)とのシングルマッチやブライアン・ダニエルソンとタッグを組むなど活躍。2010年にはメジャープロレスラー育成を目指すリアリティーショーであるWorld of Hurtに参加。トレーナーはかつての師匠でもあるランス・ストームが担当していた[2]

WWE[編集]

2012年8月、WWEとディベロップメント契約を交わし入団[3]。傘下団体のNXTにてシルベスター・ルフォーSylvester Lefort)のリングネームでトレーニングを開始。

2013年5月より成金のフレンチギミックでサウザナーズギャレット・ディラン & スコット・ドーソン)のマネージャーとして登場。8月にディランがWWEから解雇されるとドーソンの単独マネージャーとなる。しかし、ドーソンの新たな相棒を探すようになり、メイソン・ライアンを勧誘するも断られた上に馬鹿にされた事により因縁を付けた。9月にドーソン vs ライアンのカードを組まれたものの登場したのはアレクサンダー・ルセフであり、ライアンを仕留めた。ドーソンとルセフでファイティング・リージョナーズ(The Fighting Legionnaires)なるタッグチームを結成。エンツォ・アモーレ & コリン・キャサディとの抗争を展開し、10月30日にはドーソンが故障による欠場を受けて自身がルセフとタッグを組んでアモーレ & キャサディから勝利するもラナに唆されていたルセフから襲撃を受けた[4]。11月6日にはルセフに対して金で解決をしようと試みたものの瞬殺されてしまい、ルセフがファイティング・リージョナーズから脱退したことによりタッグは解散となった[5]。12月よりドーソンが復帰したことにより再びドーソンのマネージャーとして活動するが、直後にドーソンが故障したためにシングルへと転向。

2014年1月、新たなにマネージメントできるレスラーを探し回るが再びライアンに因縁を付けるようになり、2月5日に直接対決に挑むもコブラクラッチスラムの餌食となり瞬殺されてしまった[6]。同月よりレスラーへと転向し、4月より同じフランス出身のレスラーであるマーカス・ルイスリージョナーズ(The Legionnaires)なるタッグチームを結成して活動。5月8日にNXTにてカリスト & エル・ローカルと対戦するが敗戦した[7]。8月21日、ボードビリアンズ(エイデン・イングリッシュ & サイモン・ゴッチ) vs アモーレ & キャサディの試合後、敗戦したアモーレに対して急襲して髭を剃り落とした。この行為により9月11日、Takeover Fatal 4 Wayにて遺恨戦としてアモーレとカベジェラ・コントラ・カベジェラマッチを行い敗戦するが難を逃れ逃走。代わりにルイスが捕えられて脱毛剤を頭から浴びせられてしまった[8]。同月24日にはヘアアクセサリーヘッドギアを着用したルイスと組んでアモーレ & キャサディと対戦するも試合途中にルイスのヘッドギアが落ちてしまった隙を突かれて負け、10月15日にはアモーレ & キャサディとの再戦で試合開始早々に交代しようとした瞬間にルイスのヘッドギアを取ってしまった事から怒りの矛先を向けられて襲撃された。同月29日にルイスと決着戦を行うが敗戦した[9]

2015年6月24日、ジェイソン・ジョーダンとタッグを組んでアモーレ & キャサディと対戦するも2分で敗戦した[10]

2016年2月5日、WWEから解雇となる[11]

TNA[編集]

2016年3月24日、TNAと契約を交わし入団[12]。4月24日、iMPACT Wrestlingのテーピングにてバシール・バラッカBasille Baracca)のリングネームでNXT時代のパートナーであったバロン・ダックスとザ・トリビューナル(The Tribunal)なるタッグチームで登場。10人タッグマッチで勝利した。

獲得タイトル[編集]

ASW(All Star Wrestling)
  • ASW世界ミッドヘビー級王座 : 1回

脚注[編集]

  1. ^ Sylvester Lefort”. Online World of Wrestling. 2015年8月7日閲覧。
  2. ^ Jun 14 Figure Four Daily with THE FRENCH STALLION: World of Hurt, girls in wrestling, being in shape, wrestling in France, tons more”. Online World of Wrestling. 2011年6月14日閲覧。
  3. ^ New WWE Signing”. PWInsider.com. 2012年8月7日閲覧。
  4. ^ JAMES'S WWE NXT RESULTS 10/30 - Week 70: Paige vs. Summer Rae, WWE prospects in action, Overall Reax”. PWtorch.com. 2013年10月30日閲覧。
  5. ^ JAMES'S WWE NXT RESULTS 11/6 - Week 71: Luke Harper Week continues with Harper vs. Ohno/Hero, NXT tag champs in action, Summer Rae, more, Overall Reax”. PWtorch.com. 2013年11月6日閲覧。
  6. ^ NXT Results – February 5, 2014”. Wrestlingrumors.net. 2014年2月6日閲覧。
  7. ^ WWE NXT results: May 8, 2014”. Wrestlingdata.com. 2014年5月8日閲覧。
  8. ^ WWE NXT TakeOver: Fatal 4-Way results”. WWE.com. 2014年9月11日閲覧。
  9. ^ WWE NXT results - Oct. 30, 2014: Sami Zayn tries to take down Titus O'Neil, tag teams battle for title opportunity”. WWE.com. 2014年10月30日閲覧。
  10. ^ WWE NXT results - June 24, 2015: Hideo Itami challenges NXT Champion, Finn Bálor clashes with Rhyno in main event”. WWE.com. 2015年6月24日閲覧。
  11. ^ Bull Dempsey — RELEASED FROM WWE … With Four Other NXT Wrestlers”. ProrestlingSheet.com. 2016年2月5日閲覧。
  12. ^ IMPACT WRESTLING Welcomes Five New Athletes to Roster”. impactwrestling.com. 2016年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]