トム・マギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トム・マギー
プロフィール
リングネーム トム・マギー
ジョー・マッケンジー
ニックネーム メガ・マン
身長 194cm - 198cm
体重 110kg - 125kg
誕生日 (1962-07-01) 1962年7月1日(57歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ブリティッシュコロンビア州
バンクーバー[1]
スポーツ歴 パワーリフティング
ボディビルディング
トレーナー ミスター・ヒト
デビュー 1985年
テンプレートを表示

トム・マギーTom Magee1962年7月1日 - )は、カナダ出身のパワーリフティング選手、プロレスラー

来歴[編集]

1981年にカナダのパワーリフティング王者となり[1]1982年にはドイツミュンヘンで行われたIPFの世界大会にて優勝[2]ワールド・ストロンゲスト・マンのコンテストにも、1982年(2位)、1983年(4位)、1985年(5位)の3回に渡って出場[3]ボディビルディングにおいても、1984年にミスター・ブリティッシュコロンビアのタイトルを獲得している[2]

1985年、ミスター・ヒトにスカウトされ、同年10月にプロレスラーとしてカルガリーでデビュー[1]1986年1月1日、全日本プロレスのリングで長州力と5分10ラウンド制の異種格闘技戦を行うが、3ラウンド2分13秒、ラリアットからのピンフォールで敗退した。

1986年7月、WWFのTVショーに出場し、ダーク・マッチブレット・ハートに勝利[4]。翌1987年1月より、メガ・マンMega Man)をニックネームにベビーフェイスの大型ルーキーとしてWWFに再登場。マグニフィセント・ムラコアイアン・マイク・シャープロン・バスタイガー・チャン・リーなどの中堅ヒールを相手に連勝を重ね[4]、次代のハルク・ホーガンとも目されたものの[2]、レギュラー参戦を果たすには至らなかった。

1988年3月、全日本プロレスに再来日し、輪島大士ジョン・テンタと対戦。1989年もWWFのハウス・ショーに単発出場したが、戦績は芳しくなかった[4]

その後はマニトバ州ウィニペグをホームタウンに、アクション俳優として活動[3]

得意技[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P82(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c Wrestler Profiles: Tom Magee”. Online World of Wrestling. 2012年7月20日閲覧。
  3. ^ a b Tom Magee - IMDb”. Internet Movie Database. 2012年7月20日閲覧。
  4. ^ a b c Wrestlers Database: Tom Magee”. Cagematch.net. 2012年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]