トミー・ボイス&ボビー・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トミー・ボイス&ボビー・ハート
別名 ボイス&ハート
ジャンル ポップス
共同作業者 ドン・カーシュナー
トミー・ボイス
出生名 Sidney Thomas Boyce
生誕 (1939-09-29) 1939年9月29日
出身地 バージニア州シャーロッツビル
死没 (1994-11-23) 1994年11月23日(55歳没)
テネシー州ナッシュビル
ボビー・ハート
出生名 Robert Luke Harshman
生誕 (1939-02-18) 1939年2月18日(81歳)
出身地 アリゾナ州フェニックス
レーベル A&MレコードRCAレコードMGMレコード、他

トミー・ボイス&ボビー・ハートあるいはボイス&ハート(Tommy Boyce and Bobby Hart)は、アメリカ合衆国の歌手兼ソングライターチーム。モンキーズの楽曲を多く製作したことで知られる。

略歴[編集]

トミー・ボイス[編集]

高校卒業後、軍隊を経てロサンゼルスで歌手を目指す。

1959年、ファッツ・ドミノに書いた『ビー・マイ・ゲスト』が全米8位の大ヒットを記録する[1]。※ジョン・マラスカルコと共作

1961年、カーティス・リー『Pretty Little Angel Eyes』(全米7位)がヒットする。(フィル・スペクタープロデュース)

1979年、「トミー・バンド」を結成する。

1994年11月23日、闘病の末、拳銃で自殺する。

ボビー・ハート[編集]

1961年、ボビー・ハート名義で『Girl in the Window』をリリースする。(ボイスがギターで参加)

1965年、テディ・ランダッツォボビー・ウェインスタインと共作のリトル・アンソニー&ジ・インペリアルズハート・ソー・バッド』がヒットする。

ボイス&ハート[編集]

1964年、チャビー・チェッカー『レイジー・エルシー・モリー』(全米40位)がヒット。続いて、ジェイ&ジ・アメリカンズ『もっと寄りそって(Come A Little Bit Closer)』(全米3位)がヒットする。

1965年、ドラマ『ザ・モンキーズ』の主人公のバンドメンバーオーディションに参加するが落選。裏方として採用され、パイロット版の音楽を担当する。

1966年、ポール・リヴィア&ザ・レイダースに『ステッピン・ストーン』、ザ・リーヴスに『恋の合言葉』を提供する。(後にモンキーズがカバー)

8月、作詞・作曲・演奏したモンキーズのデビュー曲『恋の終列車』が発売される。(11月に全米1位)

9月、ドラマ『ザ・モンキーズ』放送開始。主題歌『モンキーズのテーマ』の作詞・作曲も担当した。

1967年、A&Mレコードからデュオとしてデビュー。『アウト・アンド・アバウト』が全米39位を記録する。12月発売の『あの娘は今夜(I Wonder What She's Doing Tonight)』が翌年2月に全米8位を記録する[2]。1968年8月、『アリス・ロング』が全米27位を記録する。

1969年、選挙権年齢引き下げ運動「Let Us Vote」のキャンペーンソング『L.U.V. (Let Us Vote)』をリリースする。自主レーベル「アクエリアン」を設立し『風にくちづけ(I'll Blow You A Kiss In The Wind)』をリリースする。

1970年2月放送のドラマ『奥さまは魔女』にゲスト出演し『風にくちづけ』を披露する。

1975年、元モンキーズのミッキー・ドレンツデイビー・ジョーンズと事実上モンキーズの再結成となる「ドレンツ、ジョーンズ、ボイス&ハート」を結成する[3]。翌1976年、来日しコンサートを行う。

脚注[編集]

  1. ^ [1]ビルボード
  2. ^ [2]ビルボード
  3. ^ Photos: Remembering Davy Jonesビルボード