トミー・ウェルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Tomy Wealth
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
ジャンル インストゥルメンタル
アブストラクト
オルタナティブ・ヒップホップ
トリップホップ
サウンドトラック
エモ
活動期間 2008年-
レーベル Mutant Academy
公式サイト Official Website

Tomy Wealthトミー・ウェルス)は、日本ソロミュージシャントラックメイカー作曲家ドラマー

概要[編集]

ジャズシンガーであった母親の影響で幼少期より様々な洋楽を好み、中学時代はブラスバンド部に加入、初めて打楽器に触れる。

青年期はロックバンドやメタルバンド、ハードコアバンドに没頭、高校生でCDデビューを果たすが解散、同時進行で趣味であったヒップホップのトラックメイクを本格的に始める。

ヒップホップトラックは通常、他者の演奏を断片的に用いるサンプリングという手法や、既存の機械音を使って構築される手法が主であるが、ドラマーの経験を生かし自身の楽曲中のドラムは全て本人による実演奏で構築している。

生音のドラム音を使用したインストゥルメンタル・ヒップホップを主軸としている事から、DJ Shadow等に比喩される事があるが、手法やその独創性、型にはまらない沸点の高いドラム演奏、近年はヒップホップトラックという概念に拘らず独自の音楽に昇華している事もあり、ジャンルの特定が難しいと言われている。

メロディアスな琴線に触れるピアノや、シネマティックな世界、一貫して現実世界を忘れさせる虚構的な楽曲が特徴。

作曲は全て本人によるものだが、ライブでは主にドラムを演奏し、他の楽器音はサポートメンバーを招いて楽曲を再現している。

日本以外にもこれまでに北米ツアー、ヨーロッパツアー、チェコで開催された音楽フェス"Plzeňská Noc 2015"などの海外公演を成功させている。

アーティスト名の由来は、思春期に亡くなった父親のあだ名であった"Tomy"が残した息子という財産(=Wealth)という意味と、後の自分に帰属する財産(=To My Wealth)というダブル・ミーニング(Canada bits LOUNGE インタビュー談)。

ライブサポートメンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  1. Hotel Otherside (2009年8月13日発売)
    1. Lesson
    2. Royal Sweet
    3. Ashes to Ashes
    4. Raw Silk / Room Service
    5. Frost
    6. More Lesson
    7. Wait Until Dark
    8. It's Like Shadow
    9. True Face (Hidden Track
  2. TABLE MANNERS (2013年7月24日)
    1. TACT
    2. AUTOMATISM feat. TATSURO MUKAI (from kamomekamome
    3. DRUMS OF DEATH
    4. SABRINA / SILENT CLIENT
    5. BLOOD PRICE
    6. MR CHRYSLER
    7. RAFAGA feat. LORD KIMO (ex Asian Dub Foundation
    8. GARDENS
    9. NIGHTCAP
    10. TACTILE


7インチレコード[編集]

  1. Automatism (2012年11月28日)
    1. Automatism feat. Tatsuro Mukai (from kamomekamome
    2. Automatism -Instrumental-


配信限定シングル[編集]

  1. Hotel Anotherside (2010年8月25日)
    1. Eye For An Eye feat. BOSA2 (from 信狂楽団)
    2. Interview With Stray Sheep
  2. Rorschach Test One (2011年4月3日)
    1. Rorschach Test One
    2. Rorschach Test One (BROKEN HAZE Remix)


その他[編集]

  • "Best Of Zooooo.jp 2009"(2010年1月14日) 「#5 Royal Sweet」
  • "BEATS+PIECES"(2010年4月21日) 「#1 Enough Is A Feast / #12 It's Like Shadow」
  • "Rainy Beats"(2011年6月29日) 「#1 The Little Rain Seller」
  • "BEATS+PIECES 2"(2011年7月20日) 「#4 Gardens / #12 Blood Price」


外部リンク[編集]