トミカタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トミカタウンは、タカラトミーから発売されている玩具。

概要[編集]

ダイキャストミニカーであるトミカの縮尺に適合した街並み模型のシリーズを指す。実在する企業の商標を用いている点、歩道や道路パーツを使って街並みを作れる点が特徴である。

1987年の商品カタログから掲載された。定番商品として発売が続いてきたが、2008年から規格の変更によって商品ラインナップが入れ替わる。

2018年に、1973年の登場以来初めて世界観が刷新された「トミカワールド」を構成するエリアの1つとして組み込まれることとなった。

歴史[編集]

トミカタウン以前[編集]

トミカワールドと呼称される、大型の駐車場(例:トミカビルデラックス)や建設現場、高速道路が展開されてきた。これらは街並みの連続性を考慮していないものが多い。

ある程度の街並み作りを考えた商品として「トミカのまち」シリーズや「トミカラマ」シリーズがあった。しかしこれらは比較的短期間で販売が終了している。

初代トミカタウン[編集]

プラレールのサイズを念頭に置き、繋げて街並みをつくる楽しみを付加した商品群のシリーズである。

セブンイレブンESSOガソリンスタンドなど、実在の店舗を再現することで「ごっこ遊び」の幅を大きく広げることに成功した。

一時期展開された電池駆動のトミカ(B/Oトミカ→モータートミカ)やプラレールの情景部品としての役割も持ち、シリーズ内の入れ替えを繰り返しながら20年以上発売が続けられた。

商品に表れた主な企業[編集]

※印はトミーテックから発売されているTOMIXNゲージストラクチャー製品にも表れた企業

H9印は1997年、大量に絶版になった中の内の建物

建物のベースの印(商品名後に書いてある)

コ=コンビニベース

レ赤=レストランベース、赤外線ミニカー付き

レ看=レストランベース、看板架け替え式

ガ=トミカラマ時代のガソリンスタンドの改良版

カ=コンビニベース、ピット付き

車=コンビニベース、展示用ターンテーブル付き

宅=宅配便ベース

他=その他

コンビニエンスストア[編集]
飲食店[編集]
ガソリンスタンド[編集]
  • ESSO ガ H9
  • 日本石油(後のENEOS) ガ
    • カラーリングは80年代の店舗外観のものと90年代のものが2種類存在した。ENEOS版発売と入れ替えに終売。
  • ENEOS ガ※ -旧日石三菱時代の物。
  • JOMO ガ※
自動車関連[編集]
その他[編集]

新・トミカタウン[編集]

2008年6月に新規格の「トミカタウン」が発売された。

新規格の「トミカタウン」では、建物・駐車場(シューター)とベースがセパレートする構造となった為、好きな向きに配置・設置できるようになった。また、同社が発売するプラレールとの連携が強化され、「つながる道路」の外側に沿ってプラレールのレールを配置したり、トミカタウンを高架下にレイアウトしたりすることが可能になった。 しかし、タイで洪水が発生してタカラトミーの工場が被災してからは減少傾向となっており、後述のビルドシティへの置き換えが勧められている。

セパレート化やプラレールとの連携に対応する為、建物のサイズはどれも縮小されている。

当面は初代の「トミカタウン」と併売されるが、順次、新規格の「トミカタウン」に移行される。なお、初代の「トミカタウン」に付属の歩道パーツを新規格「トミカタウン」の「歩道セット」のパーツに付替えることで、初代と新規格の「トミカタウン」が融合した街並みを作ることができる。これは初代の「トミカタウン」の建物サイズと同じサイズで新規格の「トミカタウン」のベースが設計されているためである。

旧タイプの頭の小さな人形を廃し、「プラレール」との統一規格である「プラキッズ」が付属するようになった。

商品に表れた主な企業[編集]

B印はバス停が付属してある商品。

販売終了しているものには×をしている。

コンビニエンスストア[編集]
飲食店[編集]
  • ミスタードーナツ B ×
セルフガソリンスタンド[編集]
  • ENEOS ×
  • JOMO ×
自動車関連[編集]
その他[編集]

トミカタウンビルドシティ[編集]

2017年3月から順次発売される新シリーズ。建物にあたるボックス(ボックスは、トミカの収納ケースを兼ねるディスプレイボックスと、展開してシューターを装着すると発車装置に変形するシューターボックスの2種類がある)、看板などのパーツ類、土地にあたるプレートで構成されており、複数のボックスを積み重ねてビルを建てることができるなど、「新・トミカタウン」よりもさらに自由度が高くなっている。また、「街をつくろう!ベーシックセット」では、「トミカタウン」史上初となるマイホームが誕生している。

別売りの「トミカシステム」と組み合わせることも可能である。

ラインアップ[編集]

  • 街をつくろう!ベーシックセット
    • セット内容は、ディスプレイボックス2つ(青・黄)、シューターボックス2つ(マイホーム・交番)、ショップ2つ(A/B)、プレート3枚(グレー2枚、緑1枚)、大プレート2枚、スロープ類(スロープ、ロングスロープ、段差スロープ、段差スロープダブル)、駐車場シートなど。看板、ガードパイプ、バス停などのパーツ類も付属する。
    • これにより、マイホーム、バーガーショップ、交番、お店(スーパーや小型店)、駐車場ができる。
  • ガソリンスタンド ENEOS
    • 「新・トミカタウン」同様、セルフガソリンスタンドがモデルとなっている。アクション給油機、洗車機、整備場パーツ同梱。
  • 警察署
  • セブン-イレブン
    • ボックスはシューターボックスで、シューターとスロープも付く。
  • スシロー
    • ボックスはシューターボックスで、シューターとスロープも付く。
  • サウンドライト 消防署
  • パワークレーン建設現場
  • オートバックス

整備ピットとスロープ、店舗パーツなどがある。

ボックス3つの他にスロープがつく。

特徴[編集]

街並みの作成を通じて想像力を養う他、標識部品を用いた交通ルールの学習にも役立つ知育玩具として位置づけられる。

また、街路樹や街灯などといった装飾部品が豊富に揃っていることも注目されるべき点である。

ただしトミカタウンビルドシティ発売後はその特徴は廃止された。

その他[編集]

フランスのミニカーメーカーマジョレット(Majorette)がトミカタウンに類似したマジョキット(Majo-kit)を展開している。日本では一時期ヨネザワ(後のセガトイズ)がダイヤペットブランドにて輸入販売を行っていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]