トマス・ワイアット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トマス・ワイアット
Sir Thomas Wyatt, by Hans Holbein the Younger.jpg
ハンス・ホルバイン画のトマス・ワイアット
誕生 1503年
イングランド王国の旗 イングランド王国ケント、アリントン城
死没 1542年10月11日
イングランド王国の旗 イングランド王国ドーセット
配偶者 エリザベス・ブルック
子供 トマス・ワイアット
ヘンリー
フランシス
エドワード
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

サー・トマス・ワイアット: Sir Thomas Wyatt1503年 - 1542年10月11日)は、16世紀イングランド王国ヘンリー8世の時代の外交官にして詩人である。同名の息子トマス・ワイアットメアリー1世の治世に反乱をおこし、処刑された。

生涯[編集]

トマス・ワイアットは、ヘンリー7世の時代の宮廷人であり、枢密院の一員であったヘンリー・ワイアットを父とし、アン・スキナーを母として生まれた。父はヘンリー8世の治世になっても宮廷に留まり、トマスはケンブリッジ大学で学んだあと、父の跡を追って宮廷に来た。

トマスは180cm以上の長身であり、ハンサムで頑健な肉体をしていた。詩人であるだけではなく外交官でもあった。ヘンリー8世と最初の王妃キャサリン・オブ・アラゴンとの婚姻の無効を教皇クレメンス7世に訴えるため、ベッドフォード伯ジョン・ラッセルとともにローマに赴いた。1527年に神聖ローマ皇帝カール5世がローマを占領して教皇を幽閉した時に捕えられたが、脱出してイングランド王国に戻った。1535年にナイトに叙せられた。

詩人として[編集]

ソネットを英語で初めて書き、ペトラルカのソネットを英語に訳した。ルキウス・アンナエウス・セネカおよびホラティウスに倣うほか、新しい詩の形式を実験した。ヘンリー・ハワードと共に、イギリスにおけるソネットの父と見なされている。

アン・ブーリンとの関係[編集]

やがてヘンリー8世の王妃となるアン・ブーリンと、1520年代前半に知り合い、恋愛関係にあったという説がある。

1536年に、トマスは王妃アン・ブーリンとの不倫の罪状で逮捕され、ロンドン塔に捕われた。アン・ブーリンと、同じく不倫の罪で捕われた5人の男が処刑された後、トマスは友人のトマス・クロムウェルの尽力によって釈放された。

1541年には再び反逆罪で逮捕されるも釈放され、1542年に病死した。