トマス・フィッツウィリアム (第9代フィッツウィリアム子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第9代フィッツウィリアム子爵トマス・フィッツウィリアム英語: Thomas FitzWilliam, 9th Viscount FitzWilliam1755年9月3日(洗礼日) – 1833年1月)は、アイルランド貴族

生涯[編集]

第6代フィッツウィリアム子爵リチャード・フィッツウィリアムとキャサリン・デッカー(Catherine Decker、1786年3月8日没、初代準男爵マシュー・デッカー英語版の娘)の息子としてリッチモンドで生まれ、1755年9月3日に洗礼を受けた[1]

1780年7月、アグネス・マクルズフィールド(Agnes Macclesfield、1817年1月15日没、トマス・マクルズフィールドの娘)と結婚したが、2人の間に子供はいなかった[1]

1830年10月に兄ジョンが生涯未婚のまま死去すると、フィッツウィリアム子爵の爵位を継承したが、自身も1833年1月に後継者のないままバースで死去、爵位は断絶した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1926). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Eardley of Spalding to Goojerat) (英語). 5 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 529–530.
アイルランドの爵位
先代:
ジョン・フィッツウィリアム
フィッツウィリアム子爵
1830年 – 1833年
断絶