トマス・オブ・ブラザートン (初代ノーフォーク伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノーフォーク伯爵トマス・オブ・ブラザートンの紋章

初代ノーフォーク伯爵トマス・オブ・ブラザートン英語: Thomas of Brotherton, 1st Earl of Norfolk1300年6月1日 - 1338年8月)は、イングランドの貴族。

イングランド王エドワード1世と2番目の王妃マーガレット・オブ・フランスの間の長男。エドワード2世の異母弟にあたる。

経歴[編集]

イングランド王エドワード1世と2番目の王妃マーガレット・オブ・フランスの第1子(長男)として北ヨークシャーブラザートン英語版に生まれる[1]

1312年12月16日イングランド貴族爵位ノーフォーク伯爵に叙された[2]1316年には軍務伯に就任した[1]

1319年の異父兄エドワード2世によるスコットランド侵攻の際には留守を預かる摂政を務めるなどしたが、1326年の王妃イザベラのクーデタの際にはイザベラを支持した[1]

エドワード3世治世下でも地位を維持したが[1]、1338年8月頃に死去した[2]

長女マーガレット英語版が爵位を継承した。彼女は1397年に孫のトマス・モウブレーがノーフォーク公爵位に叙された際に一代限りのノーフォーク女公爵に叙されている[1][3]

家族[編集]

1316年から1320年の間ぐらいの頃にサー・ロジャー・ヘイルズの娘アリスと結婚し、彼女との間に以下の3子を儲けた

1328年頃、ピーター・ド・ブローズの娘メアリーと再婚したが、彼女との間に生き残った子供はなかった[4][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 森護 1994, p. 289.
  2. ^ a b Lundy, Darryl. “Thomas of Brotherton, 1st Earl of Norfolk” (英語). thepeerage.com. 2016年10月21日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “Margaret Marshall of Brotherton, Duchess of Norfolk” (英語). thepeerage.com. 2016年10月21日閲覧。
  4. ^ Richardson II 2011, p. 632.
  5. ^ Richardson IV 2011, p. 180.

参考文献[編集]

  • 森護 『英国王室史事典-Historical encyclopaedia of Royal Britain-』 大修館書店1994年ISBN 978-4469012408
  • Richardson, Douglas (2011). Everingham, Kimball G.. ed. Plantagenet Ancestry: A Study in Colonial and Medieval Families. II (2nd ed.). Salt Lake City. ISBN 1449966349. 
  • Richardson, Douglas (2011). Everingham, Kimball G.. ed. Magna Carta Ancestry: A Study in Colonial and Medieval Families. IV (2nd ed.). Salt Lake City. ISBN 1460992709. 
公職
先代:
ニコラス・セグライヴ英語版
軍務伯
1316年–1338年
次代:
ノーフォーク女公爵英語版
イングランドの爵位
新設 初代ノーフォーク伯爵
1312年–1338年
次代:
マーガレット英語版