トニー・スチュワート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トニー・スチュワート

トニー・スチュワート Tony Stewart1971年5月20日 - )はアメリカ合衆国インディアナ州コロンバス出身のレーシングドライバー。2002年、2005年及び2011年のNASCARスプリントカップ・シリーズのチャンピオン。

その豪快なパフォーマンスから日本国内では「NASCAR界の暴れん坊」と紹介される。現地での愛称はラッシュビルロケット、コロンブス彗星、スモークとも。

経歴[編集]

地元のカートレースで頭角を早くから現し、ミゼットシリーズ等を経て1996年インディ・レーシング・リーグ (IRL) に出走しながらNASCARのブッシュシリーズ(現:ネイションワイド・シリーズ)に参戦。その後はIRLで通算3勝を挙げつつも、次第に活動の軸をNASCARに移行する。

最高峰シリーズにステップアップした初年度の1999年はデビューイヤーにもかかわらず幾度もトップ争いを繰り広げ、デビューしてから25戦目の秋のリッチモンドデイビー・アリソン英語版が1987年に成し遂げて以来のルーキーによる優勝を遂げる[1]。その後のフェニックスでのレースも制し、史上2人目のルーキーシーズン2勝を達成した(これもアリソン以来)[2]。スチュワートの活躍はこれだけにとどまらず、ホームステッド=マイアミで行われたペンゾイル400でチームメイトのボビー・ラボンテ英語版を従え1-2フィニッシュでシーズン3勝目を飾りルーキーのシーズン最多勝記録を塗り替えることとなった[3]。このシーズンをランキング4位で終えたスチュワートは早くも将来のチャンピオン候補として注目されることとなる[4]

翌2000年はチームメイトのラボンテがチャンピオンを獲得しスチュワートはランキング6位[5]に留まるものの、そのラボンテがチャンピオンを決定したペンゾイル400を2年連続で優勝する[6]などシーズン最多の6勝を挙げた[7]

2001年は開幕戦のデイトナ500でビッグワンに巻き込まれるというシーズンスタートとなったものの、第11戦リッチモンドでシーズン初優勝[8]を挙げると第16戦ソノマではロードコース初優勝[9]を達成し、その後第24戦秋のブリストルでは春の同レースにおける波紋を跳ね除けての勝利を獲得しシーズン3勝目[10]を挙げるなどの活躍を見せた。その結果、チャンピオン争いには加われなかったものの終盤の活躍によりランキング2位を獲得した[11]。なお、この年の5月27日、1999年に次いで2度目の「ダブル英語版」に挑戦、インディ500に出場し6位完走[12]、同日に開催されたコカ・コーラ600も3位で完走[13]したため、史上初めて合計1,100マイルの「ダブル」を完走したドライバーとなった。

翌2002年はチャンピオンシップ争いが非常に激しいものとなった。ルーキーのジミー・ジョンソンライアン・ニューマンはデビュー戦からすぐさま競争力を発揮し、共に一時は選手権をリードする活躍を見せた。そんな中、スチュワートは開幕戦をエンジンブローでわずか3周で終えてしまい43位に終ってしまう[14]。その後スチュワートは第4戦アトランタで1勝目[15]をマークし、その後得意とするリッチモンドでの第11戦で2勝目[16]を挙げ、徐々にチャンピオン争いに加わるようになり、その後第22戦ワトキンズ・グレンでシーズン3勝目を獲得する[17]。しかし前述のジョンソンやニューマン、ラウシュの若手カート・ブッシュマット・ケンゼス、さらにはジェフ・ゴードンマーク・マーティン英語版等のベテラン、そしてスターリング・マーリン英語版の存在によりポイント争いで足踏みしてしまう。スチュワートが初めてランキングトップに立ったのは第30戦タラデガ[18]であり,その後は不調に陥ったマーリンやジョンソンが脱落していったため(ゴードンもエンジンブローやクラッシュで脱落)、最後の3レースはマーティンとの一騎討ちとなり最終戦で18位フィニッシュ[19]を果たし38ポイント差でマーティンを抑えチャンピオンを獲得した[20]。開幕戦を最下位で終えたドライバーがチャンピオンとなるのはNASCAR史上初めてであった。

2005年には年間5勝を挙げ、2度目の年間タイトルを獲得[21]。翌2006年は惜しくもチェイス(プレーオフシリーズ)に残る事が出来ず、初の年間二桁順位に終わる[22]

2008年は第30戦タラデガでの1勝のみ、年間9位に留まる[23]。この年限りでジョー・ギブス・レーシングから離脱する。

2009年にハースCNCレーシングの共同オーナーとなり、チーム名をスチュワート=ハース・レーシングと改称した。同時にマシンを壊すと自分の懐に響くからという物もあり、今までのような暴れっぷりは無くなったが、上位で安定した結果を残し、テクニックは未だ健在であることを示す。2011年シーズンは上位入賞はあれど優勝できないレースが続くが、チェイスで5勝をあげ3度目のチャンピオンを獲得した[24][注 1]

2013年は第13戦ドーバーで勝利。8月4日の第21戦ポコノを終えた時点でポイントスタンディング11位とチェイス圏内にいたが、その翌日の8月5日、アイオワ州のサザンアイオワ・スピードウェイで開催されたスプリントカーレース英語版において周回遅れの車両とクラッシュし、右脚の脛骨と腓骨を骨折する重傷を負った[25]。この負傷により第22戦ワトキンス・グレンを欠場、1999年のカップシリーズ初参戦から続いていた連続出場は521戦で途切れた。結局、第23戦ブルックリン以降の全てのレースも欠場することとなり、2013年の総合順位はキャリアワーストの29位となった[26]

2014年8月9日、スチュワートはニューヨーク州カナンデーグア・モータースポーツ・パーク英語版で開催されたスプリントカーレースの競技中に、ケヴィン・ウォード・ジュニア英語版を撥ねて死亡させる事故を起こした[27]。この事故を受けて、スチュワートはスプリントカップ・シリーズへの出場を第22戦から第24戦まで自粛した。スチュワートの代わりに第22戦ワトキンス・グレンはリーガン・スミス英語版が、第23戦ブルックリンと第24戦ブリストルはジェフ・バートンが参戦した。結局この年は1勝もすることができず、チェイス入りを逃した[28]。年間未勝利はカップシリーズ参戦16年目にして初めてのことであった。

2015年9月、スチュワートは2016年シーズン限りで現役引退することを発表。カーナンバー14に2017年シーズンよりクリント・ボウヤーが乗車することとなった。

2016年1月31日サンディエゴ郊外でデューンバギーを運転中の事故で腰椎骨折の重傷を負う。これにより第1戦デイトナ500から第8戦ブリストルまで欠場となった。スチュワート欠場の代役として、ブライアン・ヴィッカーズ英語版と、タイ・ディロン英語版が交替で参戦した。 第9戦リッチモンドからカップ戦に復帰、第10戦タラデガではタイ・ディロンと交替での参戦ながら6位フィニッシュと好成績を挙げる[29]。第16戦ソノマでは、最終ラップでデニー・ハムリンとの激しいバトルを制し、2013年の第13戦フェデックス400[30](ドーバー)以来の勝利を手にした[31]。この勝利が決め手となり、3年振りとなるチェイス進出を果たした。 チェイス進出を果たしたものの、ラウンドオブ16では13位に終わり、ラウンドオブ8に進出することができずチャンピオンシップ敗退となった。現役最終シーズンのチャンピオンシップランキングは15位で終えた[32]

結果[編集]

NASCAR[編集]

スプリントカップ・シリーズ[編集]

デイトナ 500[編集]
チーム 車種 スタート フィニッシュ
1999 ジョー・ギブス・レーシング ポンティアック 2 28
2000 7 17
2001 24 36
2002 6 43
2003 シボレー 8 7
2004 5 2
2005 4 7
2006 15 5
2007 3 43
2008 トヨタ 6 3
2009 スチュワート=ハース・レーシング シボレー 5 8
2010 6 22
2011 25 13
2012 3 16
2013 13 41
2014 21 35
2015 7 42

ネイションワイド・シリーズ[編集]

クラフツマン・トラック・シリーズ[編集]

戦績[編集]

NASCARシリーズ[編集]

  • 2011年 - スプリントカップ・シリーズ 年間王者 (5勝)
  • 2010年 - スプリントカップ・シリーズ 年間7位(2勝 第25戦アトランタ、第30戦フォンタナ)
  • 2009年 - スプリントカップ・シリーズ 年間6位(4勝 第14戦ポコノ、第18戦デイトナ、第22戦、ワトキンスグレン、第29戦カンザス)
  • 2008年 - スプリントカップ・シリーズ 年間9位(1勝 第30戦、タラデガ)
  • 2007年 - ネクステルカップ 年間6位(3勝 第19戦シカゴランド、第20戦インディアナポリス、第22戦ワトキンスグレン)
  • 2006年 - ネクステルカップ 年間11位(5勝 第6戦マーティンズビル、第18戦デイトナ、第29戦カンザス、第33戦アトランタ、第34戦テキサス)
  • 2005年 - ネクステルカップ 年間王者(5勝)
  • 2004年 - ネクステルカップ 年間6位(2勝)
  • 2003年 - ウィンストンカップ 年間7位(2勝)
  • 2002年 - ウィンストンカップ 年間王者(3勝)
  • 2001年 - ウィンストンカップ 年間2位(3勝)、インディ500参戦(6位)
  • 2000年 - ウィンストンカップ 年間6位(6勝)
  • 1999年 - ウィンストンカップ 年間4位(3勝)、インディ500参戦(9位)

NASCAR以前[編集]

  • 1998年 - IRL 年間3位(2勝)
  • 1997年 - IRL 年間王者(1勝)
  • 1996年 - IRL 年間8位
  • 1994年 - 国内ミゼット選手権 タイトル獲得
  • 1987年 - 世界カート選手権 タイトル獲得

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 1999 Exide NASCAR Select Batteries 400”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  2. ^ 1999 Checker Auto Parts / Dura Lube 500”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  3. ^ 1999 Pennzoil 400 Presented by Kmart”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  4. ^ NASCAR Winston Cup standings for 1999”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  5. ^ NASCAR Winston Cup standings for 2000”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  6. ^ 2000 Pennzoil 400 Presented by Discount Auto Parts”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  7. ^ Tony Stewart – 2000 NASCAR Winston Cup Results”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  8. ^ 2001 Pontiac Excitement 400”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  9. ^ 2001 Dodge / Save Mart 350”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  10. ^ 2001 Sharpie 500”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  11. ^ NASCAR Winston Cup standings for 2001”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  12. ^ 2001 Indianapolis 500”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  13. ^ 2001 Coca-Cola 600”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  14. ^ 2002 Daytona 500”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  15. ^ 2002 MBNA America 500”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  16. ^ 2002 Pontiac Excitement 400”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  17. ^ 2002 Sirius Satellite Radio at the Glen”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  18. ^ 2002 EA Sports 500”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  19. ^ 2002 Ford 400”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  20. ^ NASCAR Winston Cup standings for 2002”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  21. ^ NASCAR Nextel Cup standings for 2005”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  22. ^ NASCAR Nextel Cup standings for 2006”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  23. ^ NASCAR Sprint Cup standings for 2008”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月8日閲覧。
  24. ^ NASCAR Sprint Cup standings for 2011”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  25. ^ 【NASCAR】スチュアート、クラッシュで足を骨折しワイルドカードは絶望的[動画]”. レスポンス(Response.jp) (2013年8月8日). 2018年8月8日閲覧。
  26. ^ NASCAR Sprint Cup standings for 2013”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月8日閲覧。
  27. ^ 【ビデオ】NASCARドライバーのトニー・スチュワートがレースで死亡事故を起こす”. Autoblog Japan (2014年8月13日). 2018年8月8日閲覧。
  28. ^ Tony Stewart – 2014 NASCAR Sprint Cup Results”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月8日閲覧。
  29. ^ 2016 GEICO 500”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  30. ^ 2013 FedEx 400 Benefiting Autism Speaks”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  31. ^ 2016 Toyota / Save Mart 350”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。
  32. ^ NASCAR Sprint Cup standings for 2016”. Racing-Reference.info. USA Today Sports Media Group. 2018年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]