トップボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トップボックスとは、主にオートバイの後部に取り付ける、荷物を積載するための箱である。

概要[編集]

商品名としては「リアボックス」「トップケース」などの呼び名があるほか、単に「ハコ」と呼ばれることもある。

多くはヘルメット1個か数個分ほどの大きさであり、施錠が可能である。使わないときは箱部分を取り外すことができるモデルもある。

また、リアボックス専用のモデルとは別に、「ホムセン箱」などと呼ばれるホームセンター等で購入した一般的な工具箱を取り付けるライダーもいる。工具箱はバイクに積載することを目的とはしていないため、設置の際は走行中に落下しないよう注意する必要がある。

リアボックスはその容量の大きさから設置によって積載性や利便性が大幅に向上するが、SSのようなフルカウルのモデルに設置すると、流線的なデザインを乱し全体的な美観を損ねる場合がある。

またゴムロープツーリングネットと異なり積載した荷物を押さえつけるものがなく、揺れで荷物が中ではねてしまうこともあるため注意が必要である。