トップボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オートバイ類に関して語る文脈でトップボックス: top box)と言うと、主にオートバイの後部の上部に取り付ける、荷物を積載するための箱である。トップケース: top caseあるいはtopcase)やリアボックスなどとも。[1][2]

概要[編集]

多くはヘルメット1個か数個分ほどの大きさであり、施錠が可能である。使わないときは箱部分を取り外すことができるモデルもある。

上部にとりつけるからトップケース(top case)やトップボックス(top box)と呼んでいる。この用語で対比されているものは、オートバイの側面にとりつけるサイドケース(サイドボックス、パニアケースとも)である。

リアボックスはその容量の大きさから設置によって積載性や利便性が大幅に向上するが、SSのようなフルカウルのモデルに設置すると、流線的なデザインを乱し全体的な美観を損ねる場合がある。

揺れでボックスの中で荷物が跳ね続けることもあるため、若干注意が必要である。そこはゴムロープツーリングネットと異なる。この箱に入れたものは、そのまま1~2週間以上走行しつづけると、表面が擦れて、一種の「艶消し」状態になったり小傷だらけになる可能性もある、と考えたほうがよい。サングラスなどを入れるのは、使えなくなるので止めたほうがよい。

また、リアボックス専用品ではなく、「ホムセン箱」などと呼ばれるホームセンター等で購入した一般的な収納箱や工具箱を取り付けるライダーもいる。オートバイ用の取り付け金具が付属していないので、取り付け方法を各自で工夫する必要がある。いいかげんな取り付け方をすると走行中に脱落するので危険である。

脚注[編集]

  1. ^ 文脈上、何を指しているか明らかな場合だけは、「ハコ box」と乱暴に略しても一応は理解してもらえるが、一般論として言えば、「ハコ box」と言っただけではサイドボックス(サイドケース)と区別がつかないので、「ハコ」と呼ぶのは不適切である。
  2. ^ おまけに、オートバイとは異なることを語る文脈では、全然別のものを指しうる。だからオートバイのそれだとはっきり指したい場合は、やや長いが、motorcycle top caseなどと呼ぶ。