トップフ・ウント・ゼーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トップフ・ウント・ゼーネドイツ語: J.A. Topf & Söhne英語: J.A. Topf and Sons)は、エアフルトを拠点にしていたドイツの企業。第二次世界大戦中のナチス・ドイツによるホロコーストで使われた死体の火葬処理施設を開発・製造した事で知られる[1]。 跡地に記念館がある[2][3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]