トップダウン手法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トップダウン手法とは、木構造の上位から下位に向かって段階的に処理する手法。対義語はボトムアップ手法である。

情報処理[編集]

構文木の上位から解析すること。

人間関係[編集]

組織の最上位(社長、党首など)を頂点にして、上位・上層が一方的に下位・下層に命令を下し、人が動く形式。上意下達ともいう。大企業など、高低差が大きい例もザラにある。

長所
  • 上からの命令が絶対なので、決定や終了が速い。短時間で結果が出る。
短所
  • 上層の見識が優れていなければ、失敗する。
  • 異論や反対派の存在を拒否する為、多様性が無い。

思考法[編集]

一つの題目を考え、それに付随する、事象を考えていく方法。単純であるため、複雑な事象も考えることが可能。

関連項目[編集]