トッカータ (シューマン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

トッカータハ長調作品7 (Toccata C-Dur)は、ロベルト・シューマン1833年に作曲したピアノ独奏のためのトッカータ。この頃のシューマンはピアニストを志向しており、パガニーニカプリスをピアノのために編曲するなど、演奏技術の向上を目指していた。そのような時期に書かれたこの曲も例外ではなく、きわめて高い演奏技術を前面に押し出し、華やかな外面的効果を狙った作品である。そのため今日でも人気が高く、演奏会などでしばしば取り上げられる。

概要[編集]

親友だったピアニスト・作曲家のルートヴィヒ・シュンケドイツ語版に献呈された。シュンケは返礼として『大ソナタ ト短調』作品3を献呈したが、翌1834年肺結核のため23歳で夭折した。後に、シューマンは『大ソナタ』の一節を自作のピアノ協奏曲に引用している。

練習曲』("Exercice")と題された初稿は1830年にまで遡るが、長らく行方不明となっていた。近年自筆譜が発見されて2009年ヘンレ社から出版され[1]2012年に初録音がリリースされた。

曲はソナタ形式で書かれていて、跳躍する2小節の序奏に始まり、終始、重音で軽やかに鍵盤上を広く駆け回る。半音階的な第1主題と、内声にレガートな旋律が歌われる第2主題からなる。展開部にも新しい旋律が出現するなど聴衆を飽きさせず、その演奏効果は非常に高い。

出典[編集]

外部リンク[編集]