トウヨウゾウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トウヨウゾウ
Stegodon aurorae and Stegodon orientalis.jpg
アケボノゾウ(左)とトウヨウゾウ(右)の化石。国立科学博物館の展示。
地質時代
(日本では) 更新世中期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: ゾウ目(長鼻目)Proboscidea
上科 : ゾウ上科 Elephantoidea
: ステゴドン科 Stegodontidae
: トウヨウゾウ Stegodon orientalis
学名
Stegodon orientalis

トウヨウゾウ(東洋象)は、更新世中期(62万~57万年前)頃に生息していたとされる、哺乳綱長鼻目ステゴドン科の動物である[1]。学名は「Stegodon orientalis」。

分布[編集]

出土地は中国や日本で、日本では東北地方南部~九州地方に化石が分布する。日本に生息していた期間はごく僅かであるが、中国南部ではより新しい時代まで生き残っており、多くの化石が見つかっている。

トウヨウゾウは、アジア大陸が起源で日本に渡ったと考えられている。ステゴドン属に分類されて命名された化石ゾウは、日本でも多く見つかっているが、最近は更新世中期の種類は、トウヨウゾウにまとめられている[2]

特徴[編集]

トウヨウゾウの歯の化石

歯冠が低く、歯稜が少ない[3]

脚注[編集]

  1. ^ トウヨウゾウ (Stegodon orientalis)”. 図鑑データベース. 2020年11月8日閲覧。
  2. ^ トウヨウゾウ”. 2020年11月8日閲覧。
  3. ^ トウヨウゾウ”. 地学資料集. 2020年11月8日閲覧。