トゥーヴォワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Touvois
Blason ville fr Touvois (Loire-Atlantique).svg
Église de Touvois.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ロワール=アトランティック県Blason fr Loire Atlantique.svg
(arrondissement) ナント郡
小郡 (canton) サン=フィルベール=ド=グラン=リュー小郡
INSEEコード 44206
郵便番号 44650
市長任期 アラン・シャルル[Note 1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Loire-Atlantique méridionale
人口動態
人口 1713人
2012年
人口密度 44人/km2
住民の呼称 Touvoisiens
地理
座標 北緯46度54分12秒 西経1度40分55秒 / 北緯46.9033333333度 西経1.68194444444度 / 46.9033333333; -1.68194444444座標: 北緯46度54分12秒 西経1度40分55秒 / 北緯46.9033333333度 西経1.68194444444度 / 46.9033333333; -1.68194444444
標高 平均:m
最低:18m
最高:61m
面積 39.21km2
Touvoisの位置(フランス内)
Touvois
Touvois
テンプレートを表示

トゥーヴォワTouvois)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ロワール=アトランティック県コミューン

地理[編集]

県におけるトゥーヴォワの位置

トゥーヴォワはロワール=アトランティック県南部にあり、ヴァンデ県と接している。19世紀、コミューンの土地は、現在ヴァンデ県のコミューンであるグランランドを犠牲にしてヴァンデ県まで伸びていた。

由来[編集]

トゥーヴォワの名はガリア語の Talavia からきているが、意味は不確かである。

一説では、より現実的な名前で、Touvois は『全てに通じる道』 (Toutes voies) からきているという。多くの周辺コミューンをトゥーヴォワに向けて接続する道路があるという事実によって、裏付けられる。

トゥーヴォワは、フランス語が話し言葉となるより以前、ガロ語で Tovoéz と呼ばれていた。ブルトン語では Tolvez となる。

歴史[編集]

1150年、アンジューにあるフォントヴロー修道院によってバドゥモリエール(Bademorière)またはマドゥモレリア(Bademoreria)という名の女子修道院が創設された[1]。修道院はペトロニーユ・ド・シュミレ、その後マティルド・ダンジュー(フルク5世の娘)によって運営されていた。修道院はフランス革命以降姿を消した。

中世、城主権はラウール・ド・レに属し、その後ジュイニェ領主であるルクレール・ド・ジュイニェ家のものとなった[2]アンシャン・レジーム時代、トゥーヴォワの城主権はペイ・ド・レに属していた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2007年 2012年
1592 1497 1409 1362 1340 1302 1425 1713

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[3]、2004年以降INSEE[4][5]

脚注[編集]

参照[編集]

  1. ^ Réélu en 2008 et 2014.