トゥーゲントハット邸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トゥーゲントハット邸
Vila Tugendhat
Villa Tugendhat-20070429.jpeg
庭から建物を望む
トゥーゲントハット邸の位置(ブルノ内)
トゥーゲントハット邸
ブルノ内の位置
概要
所在地 ブルノチェコ
座標 北緯49度12分26秒 東経16度36分57秒 / 北緯49.20722度 東経16.61583度 / 49.20722; 16.61583
着工 1928年 (1928)
完成 1930年 (1930)
設計・建設
建築家 ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ
登録名 Tugendhat Villa in Brno(英)、Villa Tugendhat à Brno(仏)
区分 Cultural
基準 ii, iv
登録日 2001年 第25回世界遺産委員会)
登録コード 1052
State Party チェコ共和国
Region Europe and North America
世界遺産 ブルノの
トゥーゲントハット邸
チェコ
Vila Tugendhat exterior Dvorak2.JPG
英名 Tugendhat Villa in Brno
仏名 Villa Tugendhat à Brno
面積 0.73 ha
(緩衝地域 2,824.899902 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4)
登録年 2001年
備考 位置北緯49度12分26秒 東経16度36分57秒 / 北緯49.20722度 東経16.61583度 / 49.20722; 16.61583
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

トゥーゲントハット邸[1]Vila Tugendhat)は、1928年から1930年にかけてチェコスロバキア(現チェコ領内)のブルノに建てられた邸宅である。ドイツモダニズム建築ミース・ファン・デル・ローエの代表作のひとつと見なされており、チェコスロバキアの機能主義的建築物の中では、最重要にして最も美しいものである。トゥーゲントハート邸[2]ツゲンドハット邸[3]とも表記される。

1992年には、チェコとスロバキアが分離独立(いわゆるビロード離婚)を決めた際に、調印式が行われた歴史的な場所でもある。

特色[編集]

邸宅の入口
邸宅の庭
トゥーゲントハット邸入口

邸宅はブルノ近郊に位置し、元々は市街を見渡せた傾斜地に建っている。通りに面した上階部分に入口及び寝室、庭に面した下階部分に居室、食堂、書斎が配置された2階建ての住宅である。

ミース・ファン・デル・ローエは、この邸宅の設計を通じて、近代建築の五原則の一つである「自由な平面」の概念を発達させた。それは、機能に結び付けられた空間(食堂、書斎、サロンなど)が、仕切られることなく決定されるというものである。

建物は鋼鉄製で、バルセロナ・パビリオンのように、柱は十字形でステンレスの幌が付けられていた。それは動く壁を避けてより自由な空間設計を可能にするものであった。材質は注意深く選定され、床にはトラバーチンが用いられ、仕切りの壁にはレモン黒檀などの高級木材の薄板が張られていた。この壁は、庭からの書斎への直射日光を遮るためのもので、壁自体は縞瑪瑙の一枚岩で作られている。庭に面したファサードは、光を最大限取り込むために全面ガラス張りになっている。このガラスは大きな板ガラス群が用いられており、できる限り指物細工を削減することを狙ったものであった。

ミース・ファン・デル・ローエは、彼が普段よくやるように、自身で家具の設計まで手がけた。特にトゥーゲントハットの椅子Tugendhat chair)、ブルーノ・チェアが知られるが、設計は電気のスイッチにまで及んでいた。それらの調度品には、床にボルトで留められているものもある。

歴史[編集]

1928年に実業家のフリッツ・トゥーゲントハットとその妻アルフレダから設計の依頼があり、ミースは翌1929年まで設計を行った。1929年に建設が始まり1930年に竣工した。完成するとすぐに、モダニズム建築にとっての一種のイコンとなった。

本来の所有者であるトゥーゲントハット一家は、ユダヤ系であったことから、切迫したナチス・ドイツの迫害を恐れ、スイスへと移住した。彼らはその後ベネズエラへ渡り、二度と戻ってくることはなかった(en:Ernst Tugendhatを参照)。

第二次世界大戦中には、ドイツ人たちが占領し、この邸宅にメッサーシュミット社の研究事務所を置いた。ドイツの敗北後はロシア人たちが占領したが、こうした占領期間中に、邸宅は大いに荒らされた。

1955年に、邸宅はチェコスロバキアの国有となり、子供たちの再教育センターがおかれた。1963年には歴史的文化財の指定を受け、修復も始まったが、冷戦の影響によって質の面で問題が生じた。例えば、ブラジル産の高級木材を調達するのも、チェコスロバキアにとっては非常に困難なことであり、多かれ少なかれ納得のいく代用品が用いられることになった。

1992年には、この邸宅でチェコ側のヴァーツラフ・クラウスとスロバキア側のヴラジミール・メチアルが会談を持ち、翌年にチェコスロバキアを解体するための調印式を行った。

今日、トゥーゲントハット邸は一般のアクセスが可能である。邸内では展示室もあり、ブルノ市当局が文化行事などを開催している。

世界遺産[編集]

トゥーゲントハット邸は2001年12月にユネスコ世界遺産に登録された。チェコの世界遺産の中では11番目の文化遺産である。ユネスコでは、特に原料の選定の面などで本来の姿に忠実な復元を行うことを企図しており、そのための資金の拠出が行われる見通しである。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

脚注[編集]

  1. ^ 表記例としては以下のものがある。日高健一郎監修『世界遺産百科』柊風舎、2014年。古田陽久古田真美『世界遺産事典 - 2014改訂版』シンクタンクせとうち。
  2. ^ 表記例には以下のものがある。『地球の歩き方 チェコ ポーランド スロヴァキア 2013-2014』ダイヤモンド社。世界遺産検定事務局『すべてがわかる世界遺産大事典〈下〉』マイナビ出版、2016年。沖島博美『旅名人ブックス チェコ歴史散歩』第5版、日経BP企画、2010年。沼野充義監修『中欧 ポーランド・チェコ スロヴァキア・ハンガリー』新潮社、1996年。『世界の建築・街並みガイド5』エクスナレッジ、2004年。『新訂版 世界遺産なるほど地図帳』講談社、2012年。
  3. ^ 日本ユネスコ協会連盟『世界遺産年報2016』講談社、2015年。

日本語文献[編集]

外部リンク[編集]