トゥルノン=シュル=ローヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tournon-sur-Rhône
Blason ville fr Tournon-sur-Rhône.svg

Tournon-sur-Rhône - Ardèche.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) アルデシュ県
(arrondissement) トゥルノン=シュル=ローヌ郡
小郡 (canton) トゥルノン=シュル=ローヌ小郡
INSEEコード 07324
郵便番号 07300
市長任期 フレデリック・ソーセ
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Tournonais
人口動態
人口 10,689人
(2011年)
人口密度 509人/km2
住民の呼称 Tournonais, Tournonaises [1]
地理
座標 北緯45度04分05秒 東経4度50分00秒 / 北緯45.068056度 東経4.833333度 / 45.068056; 4.833333座標: 北緯45度04分05秒 東経4度50分00秒 / 北緯45.068056度 東経4.833333度 / 45.068056; 4.833333
標高 最低:115 m
最高:508 m
面積 21.01km2 (2 101ha)
Tournon-sur-Rhôneの位置(フランス内)
Tournon-sur-Rhône
Tournon-sur-Rhône
公式サイト http://www.ville-tournon.com/
テンプレートを表示

トゥルノン=シュル=ローヌ(Tournon-sur-Rhône)は、フランス南東部、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏アルデシュ県東部のコミューンローヌ川谷に位置する。

由来[編集]

トゥルノンのラテン語での地名トゥリス・フォルティッシマ(Turris Fortissima)とは、『塔によって守られた』を意味する。

歴史[編集]

中世、トゥルノンはワインの交易で財を成し、カール大帝が後ろ盾となっていた。初期からフランス王国との同盟関係を持っていたことが、ルネサンス期に王家に近づく要因となった。

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]