トゥモロウ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トゥモロウ
Tomorrow
別名 The In Crowd、Four Plus One
ジャンル サイケデリック・ロックサイケデリック・ポップフリークビート
活動期間 1967〜1968
レーベル パーロフォン/EMI, Harvest Heritage/EMI, Sire
共同作業者 イエス
旧メンバー キース・ウェスト
スティーヴ・ハウ
ジョン "ジュニア" ウッド
ジョン "トゥインク" アルダー

トゥモロウ(Tomorrow、以前はThe In Crowd 、それ以前はFour Plus Oneとして知られていた) は、1960年代に活躍した英国の音楽グループ。

概要[編集]

このバンドはサイケデリック・ロックサイケデリック・ポップフリークビートを取り入れた音楽を展開していた。DJジョン・ピールが自身のラジオ番組 "Perfumed Garden "で彼らを取り上げ、批評家から絶賛されたものの、商業的には大きな成功は収められなかった。彼らは、ピンク・フロイドソフト・マシーンと並んで、イギリスにおける最初のサイケデリック・ロック・バンドのひとつであった。トゥモローは1967年9月21日にBBCラジオ1で史上初のジョン・ピールの番組セッションを録音した。バンドには、後にイギリスのプログレッシブ・ロックバンド、イエスに加入するスティーブ・ハウがギタリストとして参加していた。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 『トゥモロウ』 - Tomorrow (パーロフォン, February 1968)
  • 『総天然色の夢』 - 50 Minute Technicolor Dream (1998年) ※1967年の未発表音源集。

シングル[編集]

The In Crowd名義[1]

  • "That's How Strong My Love Is" / "Things She Says" (single, Parlophone R5276, April 1965) – UK No. 48[2]
  • "Stop, Wait a Minute" / "You're on Your Own" (single, Parlophone R5328, September 1965)
  • "Why Must They Criticise" / "I Don't Mind" (single, Parlophone R5364, November 1965)

Tomorrow名義

  • "My White Bicycle" (Hopkins/Burgess)/ "Claramount Lake" (single, Parlophone R5597, May 1967)[3]
  • "Revolution" (Hopkins/Howe) / "Three Jolly Little Dwarfs" (single, Parlophone R5627, September 1967)[4] – UK No. 56

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Dan Hedges, Yes London Sidgwick & Jackson, 1981, pp 142
  2. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 268. ISBN 1-904994-10-5 
  3. ^ Tomorrow (2) - My White Bicycle”. Discogs. 2018年8月28日閲覧。
  4. ^ Tomorrow (2) - Revolution”. Discogs. 2018年8月28日閲覧。