トゥトラカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トゥトラカン

Тутракан

Тurtucaia
Тurtukai
軍人墓地にあるトゥトラカンの戦いの慰霊碑
軍人墓地にあるトゥトラカンの戦いの慰霊碑
トゥトラカンの紋章
紋章
トゥトラカンの位置(ブルガリア内)
トゥトラカン
トゥトラカン
座標:北緯44度3分 東経26度37分 / 北緯44.050度 東経26.617度 / 44.050; 26.617座標: 北緯44度3分 東経26度37分 / 北緯44.050度 東経26.617度 / 44.050; 26.617
 ブルガリア
シリストラ州
行政
標高
107m
人口
(2009年12月31日)[1]
 • 都市 9,476人
 • 都市部
16,436人
等時帯 UTC+2 (東ヨーロッパ時間)
 • 夏時間 UTC+3 (東ヨーロッパ夏時間)
郵便番号
7600
市外局番 0866

トゥトラカンブルガリア語: Тутракан, ラテン文字転写: Tutrakan)は、ブルガリア北東部のシリストラ州にある町。同名のトゥトラカン市の行政の中心地である。

南ドブルジャ地方西端のドナウ川右岸、ルーマニアオルテニツァの対岸に位置する。オルテニツァとはかつてフェリーが運航されていたが、現在は就航していない。ルセの東58キロメートル、シリストラの西62キロメートルにあたる。人口は9476人(2009年12月)[1][2][3]

南極リヴィングストン島にあるトゥトラカン峰は、この町の名前に由来する。

歴史[編集]

1世紀半ば、ローマ帝国によって都市が建設され、トランスマリスカ (Transmarisca) と命名された。トランスマリスカは次第に増強され、4世紀のディオクレティアヌスの時代にはドナウ川国境有数のローマの拠点となった。

古代の市街と城砦は7世紀初頭に破壊され、7世紀末に現在の地名を持つ新しい市街が形成された。中世を通じてブルガリア帝国に服属したが、14世紀にオスマン帝国に征服された。

1877年から翌年の露土戦争でオスマン帝国の支配から解放され、ブルガリア王国領となった。第二次バルカン戦争後はルーマニア王国に編入されたが、1940年のクライヨーヴァ条約でブルガリアに復帰した。

第一次世界大戦中にはトゥトラカンの戦いで、ブルガリアとドイツ帝国の中央同盟軍がルーマニア軍を撃破した。

今日は活気ある漁師町となっており、その風情が感じられる一角には観光客やサイクリストが訪れる。

人口推移
人口±%
1946 7,183—    
1956 9,592+33.5%
1965 9,926+3.5%
1975 11,425+15.1%
1985 12,119+6.1%
1992 11,573−4.5%
2001 10,322−10.8%
2005 9,713−5.9%
2009 9,476−2.4%
Source: 国家統計局[1]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]