トゥイーティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トゥイティーから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
トゥイーティー

トゥイーティー(Tweety Bird)は、ワーナー・ブラザースによるアニメ『ルーニー・テューンズ』に登場する黄色い鳥のキャラクター。白と黒の猫シルベスターに追いかけられ、トゥイーティーが知恵であしらい、逃げきるコメディーアニメが主。特徴としては、全身が黄色く、瞳はブルー。頭と足が大きく、長いまつげと、頭に3本の毛が生えている。

プロフィール[編集]

初期のトゥイティー(左) 現在とは異なり、黄色い羽毛に覆われていない。
  • 名前:Tweety Bird
    • トゥイーティー(またはトゥイティー)
    • 正式に出版された書物やDVDなどでも「トゥイーティー」と書かれていたり「トゥイティー」と書かれており、その表記はまちまちである。日本での発音は「トゥイーティー」に近い。
  • 性別:オス♂
  • 住所:アメリカ合衆国ロサンゼルス
  • グラニーなどの人物にペットとして飼われていることが多いが、シナリオによっては野生の場合もある。
  • 誕生日:11月21日
  • 年齢:不明、自分自身もわからないようである。(シナリオによっては生後間もないという設定の場合もある)
  • 種類:カナリア(「TWEETYという、珍しい品種の鳥」という設定の場合もある。)
  • 性格:賢く、勇敢だがシルベスター以外の相手には猫被っており、腹黒いところもある。
    • 恋愛に積極的。アウーガという恋人がいる。
  • 口癖:「見た!見た!ネコたん!」その後シルベスター・キャットを見て、「やっぱい、やっぱい見た!ネコたん!」(旧版では「今確かにネコたん見たでしゅ」)
    • 原語版は「I TAW, I TAW PUDDY TAT!! (I SAW, I SAW PUSSY CAT!!)」
  • 口調:さ行の発音をた行で、ま行た行ら行の発音をあ行でしゃべる。
    • ほとんどの動物を「○○たん」として呼ぶ(シルベスター・キャットのことを、「ネコたん」と呼ぶなど)。また、大人(特に、飼い主グラニー)の口真似をすることも多い。
    • 4代目(旧版)は「性悪(しょうわう)のネコたん」と呼んでいた。

出演作品[編集]

短編映画[編集]

長編映画[編集]

テレビ放送[編集]

声優[編集]

オリジナルではメル・ブランクが担当[1]、ブランク氏の死去後はジェフ・バーグマンボブ・ベルゲングレッグ・バーソンジョー・アラスカイエリック・ゴールドバーグサム・ヴィンセントビリー・ウェストが担当してきたが、現在はエリック・バウザが担当している。

吹き替えでは初代では吉田理保子、2代目では三輪勝恵、3代目では神代知衣、4代目(バッグス・バニーのぶっちぎりステージ)では土井美加、5代目ではこおろぎさとみが担当。

ロジャー・ラビットでは坂本千夏が担当している。

日本でのキャラクター起用[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Flint, Peter B. (1989年7月11日). “Mel Blanc, Who Provided Voices For 3,000 Cartoons, Is Dead at 81” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1989/07/11/obituaries/mel-blanc-who-provided-voices-for-3000-cartoons-is-dead-at-81.html 2020年6月4日閲覧。 

外部リンク[編集]