トゥアマシナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トアマシナから転送)
Jump to navigation Jump to search

トゥアマシナToamasina)は、マダガスカル東部の港町タマタヴTamatave)とも呼ばれる。人口は2001年時点で179,045人。2014年時点ではトゥアマシナ都市圏全体で300,813人と見積もられている。トアマシナ州の州都で、マダガスカル第2の都市である。マダガスカル最大のであり、首都アンタナナリボの外港としての役割も持つ。インド洋に面し、モーリシャススリランカへのが出ている。また、ここから南のマナカラやファラハンガナまで海岸線に沿って700kmに及ぶパンガラン運河が伸びている。街の名前は、内陸部にあったメリナ王国のラダマ1世が19世紀前半にこの地方を征服した際、はじめて見る海の水を舐め「トゥア・マシナ!」(なんと塩辛い!)と叫んだからだと伝えられている[1]

参考文献[編集]

  1. ^ 「赤い島 物語マダガスカルの歴史」藤野幸雄 1997年6月30日初版 彩流社 p49

外部リンク[編集]

座標: 南緯18度09分 東経49度25分 / 南緯18.150度 東経49.417度 / -18.150; 49.417