デービッド・イゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
デービッド・イゲ
David Ige
Governor David Ige.jpg
生年月日 (1957-01-15) 1957年1月15日(61歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ準州
出身校 ハワイ大学マノア校
前職 ハワイ州議会上院議員
現職 ハワイ州知事
所属政党 民主党
配偶者 ドーン・イゲ

在任期間 2014年12月1日 -

ハワイ州議会上院議員
在任期間 1995年1月15日 - 2014年12月1日

ハワイ州議会下院議員
在任期間 1985年12月2日 - 1995年1月15日
テンプレートを表示

デービッド・ユタカ・イゲ英語: David Yutaka Ige、日本姓:伊藝1957年1月15日 - )は2014年から第8代ハワイ州知事を務めるアメリカ合衆国の政治家である。民主党員で1994年から2014年までハワイ州議会上院議員を務めていた。2014年、民主党の指名選挙で66%を得票して現職のニール・アバクロンビーを破り、知事選挙では49.5%の票を得て、共和党のデューク・エオナと無所属のムーフィー・ハンネマンを破った。2014年12月1日、史上4番目のハワイ生まれの知事として就任した。ハワイ州知事の中ではジョージ・アリヨシに次ぐ2番目の日系人で、沖縄にルーツを持つ知事としては初となる[1]

生い立ち[編集]

1957年1月15日、オアフ島パールシティでトキオ・イゲとツルエの間に6人兄弟の四男として生まれる。父であるトキオは第二次世界大戦中に第442連隊戦闘団第100歩兵大隊に従軍し[2]パープルハート章ブロンズスターメダルを授与されている。戦後、トキオは製鉄所に勤務し、一方の母・ツルエは看護師歯科衛生士として働いた。トキオは2005年に86歳で他界したが、ツルエはパールシティに住み続けている。

デービッドはパールシティ小学校、ハイランズ中学校、パールシティ高校に通った。パールシティは野球が盛んで、少年時代はパールシティ・リトル・リーグに8年間所属していた。当時新設のパールシティ高校では第3学年で生徒副会長を務め、最終学年で学級委員長になった。また、高校で始めたテニスも徐々に上達し、オアフ島西部地区で優勝するまでになった。学業成績も500人中4位であった[3]

マサチューセッツ工科大学への入学も認められていたが、ハワイ大学マノア校に進学し、電気工学を専攻した。在学中には学生自治会事務局なども務めた。

また、後に妻となるドーンとも出会った。結婚後1男(マシュー)2女(ローレン、エイミー)をもうけた。

職歴[編集]

大学卒業後、ハワイアン・テルコムで働きながら、ハワイ大学大学院で決定科学を研究して経営学修士号(MBA)を取得した。1986年、ハワイ・ビジネス・マガジンでハワイ大学MBA取得者トップ10に選ばれた。

会社では電気技師とプロジェクトマネージャーとして34年間勤務し、情報技術テレコミュニケーション、ネットワーク、公共政策部門に関わった。

政治的キャリア[編集]

1985年12月2日、当時の州知事ジョージ・アリヨシから指名され、ハワイ議会下院議員となった。1994年からはハワイ議会上院議員を務めた[4]。在任中9つの委員会で議長を経験した[5]。また、主に情報やテレコミュニケーション政策に深く関わった[5]。州情報ネットワークやハワイ情報ネットワーク機構の整備を定めた、ハワイテレコミュニケーション及び情報産業法の制定に尽力した。一方で、経済の多様化にも中心的役割を果たし、ベンチャーキャピタルプログラムやソフトウェア開発支援構想、技術移転プログラムなどを推進した。

知事選出馬[編集]

2014年、民主党の指名選挙で66%を得票して[6] [7][8]現職のニール・アバクロンビーを破り、民主党知事候補に任命された[4][9]。知事選挙では49.5%の票を得て、共和党のデューク・エオナ候補と無所属のムーフィー・ハンネマン候補を破った。

知事就任[編集]

2014年12月1日、前知事時代からの続投となるシャン・ツツイ副知事と共に知事就任を宣誓した[10]。就任式では、「過去を敬い、新しい明日を描こう」というテーマが掲げられた。後のアメリカ合衆国上院議員のダニエル・イノウエらと共に[10]第442連隊戦闘団第100歩兵大隊で戦った父への敬意を表す言葉でもある。 また、「子供のために」、「おかげさまで」という日本語を取り入れたスピーチを行った[11]

参照[編集]

  1. ^ Shikina, Rob (2014年11月6日). “Okinawan newspapers cover Uchinanchu Ige's win”. Honolulu Star-Advertiser. http://www.staradvertiser.com/newspremium/20141106__Okinawan_newspapers_cover_Uchinanchu_Iges_win.html 2014年12月14日閲覧。 
  2. ^ Roll Call”. 100th Infantry Battalion Veterans Education Center. 2014年12月14日閲覧。
  3. ^ Governor's Bio”. governor.hawaii.gov. State of Hawaii. 2014年12月14日閲覧。
  4. ^ a b Sen. David Ige announces candidacy for governor - Hawaii News - Honolulu Star-Advertiser”. Staradvertiser.com. 2014年8月10日閲覧。
  5. ^ a b Meet David Ige, the Democrat who defeated Hawaii’s governor - OnPolitics”. OnPolitics. 2014年9月20日閲覧。
  6. ^ Bussewitz, Cathy (2014年8月10日). “In stunning defeat, Hawaii Gov. Abercrombie ousted by state Sen. Ige in Democratic primary - 8/10/2014 12:52:20 AM”. Newser. Newser. 2014年8月10日閲覧。
  7. ^ Cathy Bussewitz and Juliet Williams (2014年8月10日). “Hawaii's governor ousted in stunning primary loss”. Associated Press. オリジナル2014年8月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140809223144/http://hosted.ap.org/dynamic/stories/U/US_HAWAII_PRIMARY?SITE=AP&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT&CTIME=2014-08-09-15-16-59 2014年8月10日閲覧。 
  8. ^ Sullivan, Sean (2014年8月10日). “Hawaii governor loses primary; Schatz holds slim lead over Hanabusa for Senate”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/blogs/post-politics/wp/2014/08/10/hawaii-governor-falls-to-democratic-primary-challenger/ 2014年8月14日閲覧。 
  9. ^ Sen. David Ige enters race for governor”. KHON2 (2013年7月9日). 2014年8月10日閲覧。
  10. ^ a b Lincoln, Mileka (2014年12月1日). “David Ige sworn in as eighth Governor of Hawaii”. Hawaii News Now (Raycom Media). http://www.hawaiinewsnow.com/story/27504648/david-ige-to-be-sworn-in-as-hawaiis-8th-governor-on-dec-1st 2014年12月14日閲覧。 
  11. ^ 中村 将 (2015年2月16日). “日系のハワイ州知事 デービッド・イゲ(1)「子供のために」と「おかげさまで」”. 産経新聞. http://www.sankei.com/world/news/150216/wor1502160021-n1.html 2015年6月14日閲覧。 

参考文献[編集]

公職
先代:
ニール・アバクロンビー
ハワイ州知事
2014年12月1日 -
次代:
(現職)