デヴォンシャー (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
073539Devonshire1936-39.jpg
艦歴
発注
起工 1926年3月16日
進水 1927年10月22日
就役 1929年3月18日
退役
その後 1954年6月16日にスクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 基準:9,750トン
満載:13,315トン
全長 633ft (193 m)
全幅 66 ft (20.1 m)
吃水 21 ft (6.4 m)
機関 アドミラリティ三胴式重油専焼水管缶 8基、パーソンズ式オール・ギヤードタービン 4基、80,000shp、4軸推進
最大速力 32 ノット
航続距離 9120 海里/12 ノット
乗員 784名
兵装 Mark VIII 20.3cm 連装砲 4基
Mark V 10.2cm 単装高角砲 4基
2ポンド 4連装ポムポム砲 2基
12.7mm 4連装機銃 2基
53.3cm 4連装魚雷発射管 2基
搭載機 スーパーマリン ウォーラス 1機
カタパルト 1基

デヴォンシャー (HMS Devonshire, 39) はイギリス海軍カウンティ級重巡洋艦

艦歴[編集]

竣工時のデヴォンシャー。

1926年3月16日に起工し、1927年10月22日に進水、1929年3月18日に竣工した。

1932年までは地中海で活動、1933年は中国で、その後1939年までは再び地中海で活動した。ノルウェー戦役に参加、1940年5月にはナムソスからの撤退作戦に参加し、6月6日にはノルウェー王室をノルウェーから脱出させた。その後1940年8月のダカール攻撃、南大西洋でのドイツの仮装巡洋艦コルモラン捜索に従事、それから1941年9月までノルウェー、ロシア沿岸で行動した。この間にEF作戦に参加する。

1941年11月21日、通商破壊に猛威を振るっていたドイツの仮装巡洋艦アトランティスを撃沈する。1942年5月マダガスカル攻撃に参加、1943年5月までインド洋で行動した。1944年3月まで改装、その後ノルウェー沿岸で行動。

1947年練習艦となり、1954年6月16日スクラップとして売却され12月ニューポートに到着し、そこで解体された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]