デンマーク国鉄IC4型気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デンマーク国鉄IC4気動車
営業運転中のIC4気動車
営業運転中のIC4気動車
基本情報
製造所 アンサルドブレーダ
主要諸元
編成 4両編成
軌間 1,435mm
最高速度 200km/h
編成定員 204名(座席)
編成重量 160t
編成長 86,530mm
全長 24,000mm(先頭車)
18,950mm(中間車)
全幅 4,200mm
全高 3,150mm
主電動機出力 560kW×4
テンプレートを表示

デンマーク国鉄IC4型気動車(でんまーくこくてつIC4がたきどうしゃ)はDSB(デンマーク国鉄)のインターシティー(都市間輸送)用にイタリアアンサルドブレーダで製造された気動車である。 デンマーク国鉄による「全ての人にいつでも良い列車を」計画に基づいて既存の車両を置き換えることを目的としているが、政治上の理由により計画は遅延している。 2007年末、DSBはIC4を営業運転に導入する事を決断した。

仕様[編集]

列車の動力はコモンレール式燃料噴射装置による低公害型の4基のディーゼルエンジンで最高速度は200km/hである。出力は編成では2240kwである。

デザイン[編集]

DSB専属のデザイナーやイタリアのピニンファリーナによってデザインされた。

現況[編集]

長期間に渡る計画遅延と度重なる故障の為、長年IC4はDSBにとって頭痛の種となっていた。遅延の原因はアンサルドブレーダでの製造が遅れていることが原因であった。
2007年10月に4編成がユトランドで運行を開始する予定だったが排気ガスの問題で延期し、その後も2011年11月から2012年7月まで、ブレーキの問題により全編成が運行を停止するなど問題が頻出した。納入も遅れ、全ての編成が揃ったのは2013年9月となった。
最終的に、2014年から行われた調査[1]により、2016年12月にDSBは2024年までにすべてのIC4を新型車両で置き換える事を発表した。

2024年までに予定されている全車廃車まで、IC4はDSBのローカル列車に使用される事が決定している[2]

デンマーク国鉄IC2気動車[編集]

デンマーク国鉄IC2気動車
DSB IC2 unit 6706 in Aarhus.JPG
基本情報
製造所 アンサルドブレーダ
主要諸元
編成 2両編成
軌間 1,435mm
最高速度 200km/h
編成定員 113名(座席)
編成重量 102t
編成長 48,000mm
全長 24,000mm
全幅 4,200mm
全高 3,150mm
主電動機出力 560kW×2
テンプレートを表示

デンマーク国鉄IC2型気動車(でんまーくこくてつIC2がたきどうしゃ)は、IC4型気動車のバリエーションとして製造された気動車。2両編成である事以外はIC4と同型である。
2010年6月に最初の編成が出場したが、こちらも納入の遅れで最終的に全車が揃ったのは2013年6月となった。また故障も頻繁に起き、2016年8月に全23編成が廃車となった。

外部リンク[編集]

  1. ^ “(sv) Hopplöst tåg hot mot hela DSB”. Sydsvenskan. (2014年9月26日). http://www.sydsvenskan.se/danmark/hopplost-tag-driver-dsb-mot-konkurs/ 2014年9月26日閲覧。 
  2. ^ DSB sets IC4 withdrawal date to close an ‘unhappy chapter’”. Railway Gazette (2016年12月16日). 2016年12月16日閲覧。