デンマーク国民党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 デンマークの政党
デンマーク国民党

Dansk Folkeparti
党首 Kristian Thulesen Dahl
議員団代表 Peter Skaarup
創立 1995年10月6日
分離元 Progress Party
本部所在地 コペンハーゲン
青年部 デンマーク国民党青年部
党員・党友数 14,000人(2014年)[1]
政治的思想 デンマーク民族主義[2][3][4]
社会保守主義[5]
Right-wing populism[5]
国民保守主義[5]
EU懐疑主義[5][6][7]
政治的立場 右翼[8]極右[9][10]
国際連携 なし
欧州連携 なし
欧州議会会派 欧州保守改革グループ*
公式カラー        Red/White     Blue
    Yellow (customary)[11]
国会
37 / 179
欧州議会
4 / 13
地方議会[12]
23 / 205
自治体議会[13]
255 / 2,444
シンボル
O
公式サイト
www.danskfolkeparti.dk
デンマークの政治
デンマークの政党一覧
デンマークの選挙
*Europe of Freedom and Democracy (2009-2014)

デンマーク国民党(デンマークこくみんとう、デンマーク語: Dansk Folkeparti)は、デンマークの政党。デンマーク人民党とも。1995年に進歩党(Fremskridtspartiet)から離党した議員により結成された。かつての進歩党の支持者をほとんど奪って議席を急増させた。ヴェンスタ政権に閣外協力している。ヴェンスタは少数与党であり、デンマーク国民党の支持を得るため、デンマーク国民党からの提案のほとんどを受け入れており、デンマークの政策を管理しているのはもはやデンマーク国民党だとする意見が多い。

創設者は元介護士ピア・クラスゴー(Pia Kjærsgaard)。クラスゴーは現在のデンマーク政界で最も有名な政治家になっている。「ムスリムがヨーロッパに侵入し、ヨーロッパ人の民族浄化を企んでいる」「文明人はヨーロッパ人だけ、他は全て野蛮人」などの奇矯な言説を振りかざし、物議を醸している。しかし、クラスゴーの主張に共鳴する国民が増えており、高齢者や若者の間で支持を伸ばしている。

コペンハーゲン首都地域は左派勢力が強いので、あまり支持を得ていないが、コペンハーゲン郊外、ユトランド半島中部、西部では連立与党の一角を占める保守党をしのぎヴェンスタに次ぐ票を得ている。

デンマーク国民党が与党に閣外協力して以来、移民・難民の審査は極めて厳しくなり、事実上新規の移民は不可能の状態に近い。また、同党はデンマーク刑法に記載されている「人種差別発言の禁止」条項の廃止も要求している。

2007年11月13日に行われた総選挙で25議席を獲得した。また、2009年6月7日の欧州連合議会選挙では議席を倍増させるとともに、デンマークの政党の中で得票率を最も伸ばした政党になった。なお、極右政党では無いとして、欧州議会の院内会派である保守グループに入会を求めたが、保守グループの代表であるイギリスの保守党から過激派政党と一緒に仕事はできないと入会を拒絶された。そのため、影響力をあまり行使できない無所属で政治活動をすることを強いられている。

下部組織としてデンマーク国民党青年部があり、外国人に反感を持つ若者を集め、急速に会員数を増やしている。

主な政策方針は、

脚注[編集]

  1. ^ Thomas Foght, "DF kaprer medlemmer som aldrig før: Tredjestørst i Danmark", Metroexpress, 06/06-14
  2. ^ David Arter (2006). Democracy in Scandinavia: Consensual, Majoritarian Or Mixed?. Manchester University Press. p. 52. ISBN 978-0-7190-7047-1. http://books.google.com/books?id=iLH4C0mUAC4C&pg=PA52. 
  3. ^ Jørgen Goul Andersen (2013). Christina Schori Liang. ed. Nationalism, New Right, and New Cleavages in Danish Politics: Foreign and Security Policy of the Danish People's Party. Ashgate. p. 106. ISBN 9781409498254. http://books.google.com/?id=7I_pDb1O2EQC&lpg=PP1&pg=PA106#v=onepage&q&f=false. 
  4. ^ Antonis A. Ellinas (2011). The Media and the Far Right in Western Europe: Playing the Nationalist Card. Cambridge University Press. p. 11
  5. ^ a b c d Moreau, Patrick (2011). “The Victorious Parties - Unity in Diversity?”. In Uwe Backes, Patrick Moreau. The Extreme Right in Europe: Current Trends and Perspectives. Vandenhoeck & Ruprecht. p. 101. ISBN 9783647369228. http://books.google.com/?id=uMkEZnJQHksC&lpg=PP1&pg=PA101#v=onepage&q&f=false. :
    "The DPP program mirrors several political tendencies: right-wing populism, national conservatism, social conservatism, and euro-skepticism."
  6. ^ Lenz, Hartmut; Dorussen, Han (2006), “Denmark: the Nordic model as an effort to bridge elite Euro-optimism and popular Euro-skepticism”, Policy Making Processes and the European Constitution (Routledge): p. 70 
  7. ^ Kelstrup, Morten (2006), “Denmark in the Process of European Integration: Dilemmas, Problems, and Perspectives”, National Identity and the Varieties of Capitalism: The Danish Experience (McGill-Queen's University Press): p. 390 
  8. ^ Buchanan, Tom (2012), Europe's Troubled Peace: 1945 to the Present (Second ed.), Wiley-Blackwell, p. 265 
  9. ^ Art, David (2011), “Memory Politics in Western Europe”, The Extreme Right in Europe: Current Trends and Perspectives (Vandenhoeck & Ruprecht): p. 367 
  10. ^ Sainsbury, Diane (2012), Welfare States and Immigrant Rights: The Politics of Inclusion and Exclusion, Oxford University Press, p. 239 
  11. ^ KORT Da Dansk Folkeparti blev størst i hele Danmark. DR.
  12. ^ AKVA3: Valg til regions råd efter område, parti og stemmer/kandidater/køn”. Statistics Denmark. 2010年6月13日閲覧。
  13. ^ VALGK3: Valg til kommunale råd efter område, parti og stemmer/kandidater/køn”. Statistics Denmark. 2010年6月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]