デレク・シアンフランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デレク・シアンフランス
Derek Cianfrance
Derek Cianfrance
第18回ハンプトンズ映画祭にて。
生年月日 1974年1月
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督、撮影監督、脚本家、編集技師

デレク・シアンフランスDerek Cianfrance, 1974年1月 - )は、アメリカ合衆国の映画監督、撮影監督、脚本家、編集技師である。

キャリア[編集]

コロラド大学で映画製作のB.F.A.を得た。

1998年に『Brother Tied』(日本未公開)で監督デビューする。

2010年に長編映画2作目『ブルーバレンタイン』が公開された。主演のライアン・ゴズリングミシェル・ウィリアムズは撮影開始の数年前から役柄について知っていた[1]。撮影場所は当初カリフォルニア州が予定されていたが、ウィルアムズが娘と離れずに済むようにブルックリンに移った[2]。リハーサルはほとんど行われず、またシアンフランスはリテイクをほとんど行わなかった。映画はほとんど暴力やヌードが無いにもかかわらずNC-17に指定され[3]、後にワインスタイン・カンパニーの働きかけによりR指定に変更された[4]

主なフィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]